カード利用生活は難しい

カード利用生活は難しい現役時には5枚ほど所持していたクレジットカードを2枚にまで纏めた。その他にもPiTaPa、ICOCA、

家電系・通信系・銀行系・交通系と様々持っていましたが、交通系は通勤がなくなり廃止、銀行系も生活費口座以外は廃止、通信系は乗り換えにより1社に、家電系も3店利用から1枚へ、通信系1枚の2枚です。年会費が必要で併用特典が少ない銀行系を廃止

クレジットはすべて水道高熱費用(電気.ガス.水道.携帯.保険)など月払い引き落としのために使い、家電系は大きな買い物やレジャーなど臨時の出費用に分けました。

月払い用カードは自然とポイントが定額でたまります。これをプリペイカードへ変換し小金払いで使用しています。銀行も毎月の年金受け取りパート給与受け取り口座、定額使用で銀行ポイントも溜まり両得です。

さて、クレジット払いで困るのが1~2か月遅れで口座引き落としされるために、時には高額な引き落としに焦ることもあります。

そこで、今度はiD(デビット)カード作成し所持してますがあまり使っておらず、少額の買い物などは現金が多かったのですが、現金の引き出しが面倒になり徐々にiD(デビット)支払いが増えてきました。iD(デビット)支払いはレジ後即引き落としなので後々の請求におびえる必要がありません。即時引落としのチャージ不要の電子マネーですね。

ただ困るのが年金暮らしの友であるディスカウントショップ、格安レストランでは使えないことが多いです。

業務スーパーやラムーなどの格安スーパは現金のみでカード決済は不可、手数料や設備費がもったいないようです。口ではその分商品をお安くと言ってますが、ポイントが無い分大差ない気がする、クレジットや電子マネーでは、ポイントを値引きと思えば実質0.02~0.05%引きで利用できます。これより安くないとディスカウントショップを使う意味がない。

スーパマルナカで98円なら業務スーパで96~97円でなければスーパマルナカが鮮度品質を考えれば得です。ラムーでも同じです。

たとえば3,000円の買い物なら200円で1ポイント(1円)なら15ポイント(15円)、2,985円以下でないとメリットが無い、100円で1ポイントなら2,970円になります。そこまでの差があるかは商品次第ですが、メーカ品には大差ない気がします。

交通系を辞めたのでパートの通勤が、バスカードになっています。ICOCAを持ってますが割引がありません。今のところICOCAなどは乗り換えや乗り継ぎで利用するとき以外にメリットは無いです。バス乗り継ぎとバスと地下鉄の乗り継ぎならICOCAで割引がありますがバスカードではないのでICOCAを利用します。後払いのPiTaPaもありますが、割引きできる路線が決まっているため後払いでもありメリットも薄いです。

カードの利用可能不可能は、下のサイトで調べています。

現金いらず
電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2件のコメント

  1. 岡野さん、私も最近年会費のいらないSMBCデビットカードを
    作りました。が、まだ全然使っていません。
    毎日行く、ディスカウントスーパーのラ・ムーやらサザンモール
    の業務スーパー、スーパーヤマトが現金のみしか受け付けていない
    からです(デビットの取り扱いなし)
    但し、友田町の業務スーパーは1000円以上からクレジット可です。
    あとはダイエーやらマルナカ、トーホーその他・・・薬局の支払いも
    クレジット払い可能なマツモトキヨシ薬局に絞り込んで
    せっせとクレカのポンントを貯めています(^^)

    1. 業務スーパは店によってカードが使える店もあるようですね、もっぱらサザンモールなので使えません、
      ポイントは、端数払いで使ってます。まとまったポイントまで待てない性分です。
      例えば423円なら、23円はポイントでといった具合です。財布の中から10円、5円1円をなくすためです。
      小さなことからコツコツとです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください