高齢者の倫理観

高齢者の倫理観高齢者のマナーや気配り気使いが称賛されたり、反対に非難されたりする話題があります。

高齢者の育った環境や現役の時代背景があって本人たちはそれが正しいと疑っていないのです。

しかし、健康に良いとされたり、肥満の元といわれた食べ物が最近の研究では、ほとんど根拠のない話だったと言う事が増えています。

運動は20分以上継続しなければ脂肪は燃焼しないと言うのは嘘、5分でも燃焼するそうです

卵は1日1~2個までも嘘、いくつ食べてもこするステロールは増えない、もともとコルステロールは食べ物から摂取してもほとんど増えないそうです。

いままで、もっともらしく言われていたことが、だんだんと都市伝説化しています。

もったいないも時と場合によっては、迷惑な行為になっています。

ファミリーレストランやファーストフード店で、テーブルのナプキンを多めにとってしまったから、戻しなさいと注意する祖母に、子供が一度手にしたものは戻してはいけないと言う

そう、他人が振れたものを使わせるなんてご法度です。当然備え付けの割りばしも余分に取ったものを戻すのは不衛生なので戻してはいけないのです。

寒くなっても暖房を付けず厚着をする、暑くなっても冷房を付けづ我慢する、節約というより健康を犠牲にあるいは生命を犠牲にしたケチなだけとなっています。

自分がやってるんで人に迷惑をかけていないと、強がりを言うが、倒れやり急病、最悪は亡くなった場合、どれほど周りに迷惑をかけるか、分かっていない言動です。

まず高齢者は、やせ我慢や古い常識や都市伝説、迷信で他人に迷惑をかけないようにするべきなのです。

とは言っても、信じ切った迷信や都市伝説は簡単には捨てられないようです。

道路は人の物と車道を平気で歩く、

自転車は歩行者と同じと歩行者を押しのけ車道を暴走する

勿体ないでゴミ屋敷

古い健康常識で、食生活を犠牲にする

マスクは自分の為ではなく他人のため

無駄な散歩にジョギングで健康を害する、偏向常識論者

自動車のライトは上向きが基本、対向車が近づいた時だけ下向き

運動は持続時間ではなく、短時間でも合算時間の長さ

ダイエットは食事制限ではなく、食べ合わせ

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2件のコメント

  1. こんにちは。
    たまに、読ませてもらってます。
    へ~,そうか,そうだよな~,が
    感想かな?
    また、年金に着いて書いてもらえますか。
    少ない年金の方は復興特別所得税など
    どぅ思ってるのでしょか?

    1. 私のつたない投稿を読んでいただきありがとうございます。
      年金生活や世の中の高齢者に関する疑問や感想など時折投稿しています。
      年金には、色々疑問はありますね、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください