無資格介護職パートの待遇条件

無資格介護職パートの待遇条件人で不足と言いながら、待遇の良い施設はあまりありません。

介護施設の立地は、駅から遠いのが当たりまえ、山の麓から中腹、工業地域の海岸近くや川の近くなど駅から遠く、バス利用が多くあり、バス路線さえない場所もあります。駅やバス停から15分~30分という尾も当たり前です。

その割に時給が安く、福利厚生もなく昇給や賞与寸志などもっての外という施設が当たり前の業界です。

したがって介護職への就職には妥協なんて必要ありません、妥協するほどの職場でもないです、そもそも求人なんですから、介護職の求人は持てあますほどあり、求人誌から消えることなど無いです。ハローワークでも毎日山ほど出ています。

介護の資格には、研修資格の初任者研修、実務者研修、そして国家資格の介護福祉士があります。

介護福祉士の資格があればそれなりの手当を付けてくれますが、初任者では無資格とさほど変わらず実務者でやっとわずかな手当てがもらえる場合もある。

したがって無資格でも、最低千円以上の時給を要求しましょう、これを出せない施設は、そもそも経営自体良くなく、設備や資材もひっ迫してるのでしょう。

時給1000円以上、交通費実費、雇用契約書あり、勤務表・シフト表あり、有給消化あり、食事補助あり、残業基本無し、昇給あり、賞与または寸志あり

この業態は言いたいこと言わないとこき使われます

ディサービスで添乗無で介護職がドライバーをしているか、シルバードライバーが一人で送迎してるところは敬遠すべきです。

無資格者が送迎介護はできません、出来るからよいではなく、できることとやって良いことは別です。これが解らない施設は介護自体が危険ですね。

施設が故人の責任を追及することも珍しくない業界です。いつあなたが責任を取らされるか分かりません。

しっかり見極めを

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください