介護士の集団退職

介護士の集団退職介護の世界では、珍しくない事だそうである。

TVニュースで九州のとある施設で、介護士が集団で辞めたとか全員一度に辞めたと報道されていた。

残業代の未払い給与の遅延、手当の削減等金銭的なものや、連続勤務や夜勤、人員不足での業務量の過多も

さらに経営陣など幹部にいる一部職員への贔屓や派閥運営

外部からは見えない高級できれいな施設であっても介護サービスが充実しているとは言えない場合もある。

とかくこの世界の施設長などは、経営の素人が多く、ゴマすりに弱い、したがって仕事の知識や業務能力で評価せず、自分にすり寄る人気取りに甘く評価も高くする。

まじめで規則に厳しく問題提起する人を煙たがるものである。

住吉川ちかくの施設では、施設幹部に不満を持つ半数の職員が一斉退職したそうである。当然施設の本部の調査が入り、施設幹部が懲戒され結局今度は施設幹部派が全員退職し、以前の反施設幹部はが戻ったとドタバタがあった。

結果的に職員不足は変わらず、ディサービスの中止や入居者を減らす対応が必要になっている。

施設長の送り迎えが利用者の送迎より感謝される職場って最悪だよね、この施設長の評価基準は、自分への忠誠心だけのようだ

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください