痴呆か単なる物忘れではない

痴呆か単なる物忘れではない歳を取ると物忘れが多くなる、最近では痴呆が気になる

痴呆になると短期記憶ができなくなると言う

いわゆる昼食後すぐに食べたことを忘れ、昼飯はまだかという

痴呆のチェックにも、数日前の夕食のメニューを言えるかどうかを聞く方法があるが、意外と若い人でも覚えていないものです。

痴呆になると昔のことは、よく覚えているるが最近の事はほとんど覚えていない、覚えられないと言う。

買い物から帰って、家の鍵を何時もの所に置いたつもりが、何時もの所に鍵が無いという事があったり、鞄のぽ家とに入れた鍵やバスカードが無いと慌てたりしませんか?

特に、鍵の奥場所や入れるポケットを変えると、変えたことを忘れて、以前からの場所を探すらしい。

これが短期記憶が消えてしまった現象で、過去の記憶の場所を探しているのだそうです。

痴呆老人が徘徊をしてどこへ向かうかと言えば、昔に住んでいた家に向かうそうである。全く違う場所に住んでいる場合、昔住んでいた地形に沿ってあry区そうである。川の傍を下る、線路を渡る。

海の見える方向か山の見える方へ

若い人でも起きてる短期記憶障害は、スマホを何時も右ポケットに入れるが、今日に限ってしょるだバックに入れたら。

慌ててポケットばかりを探して忘れた、落としたと大慌てする。

直近の変更を忘れてしまうのが他b機記憶障害なのです。

だから、大事なものの保安場所は糧はいけないのです。鍵は何時もの所へ、財布は何時ものバックに、降りる駅やバス停は何時もの所で

電車やb巣に乗ったら、降りるまでバスカードや料金をいつでも出せるポケットや鞄のポケットに入れる。

バスの降り口や料金箱の前で立ち往生する高齢者が多いです。乗り物に乗ったら即、降りる準備をしましょう。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください