年金生活者、平成30年分確定申告


年金生活者、平成30年分確定申告今年は、企業年金基金の源泉徴収票が届くのは遅れたので、入力待ちとなっていました。

やっと本日届いたので、今日中に入力し電子申告で提出予定です。

昨年は、パート収入も増えて29年の収入基準での所得税も低かったので、心配していたのですが、投資信託や株式の評価が下がり配当に課税された分が減額になります。さらに昨年度からの繰越損失もあり、何とか追加納税は免れ若干の還付があります。

医療費控除は、残念なのか幸いなのか、所得が200万円以下の人は総所得金額の5%だが、これんも満たない医療費でした。それと極端に高くなった介護保険の保険料が控除できるので大事です。

パートの所得税や年金からの源泉税、配当の所得税と地方税が、総所得の課税額を超えていましたので、還付ですね。

今年は、年金満額支給となるので、パート代と合わせるとかなり厳しいくなります。パートもきつくなったら、日数を減らすか退職を考える必要もありますね。

今年から1年半は加給年金が加算されますが、その先はまた元に戻るのでパートの収入も考えながらです。

長くてもあと5年ぐらいかな~と思います。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください