パート社員と正社員


パート社員と正社員

最近正社員からパートに変わる人が続いた。

そんな中で社員からパートだからと言った考えは違う仕事は社員と同じだとヒステリックに語ることが増えた。看護師パートの中にも同調する人もいる。

たしかに法律上は、正社員とパート(短時間労働者)には、労働者としての差は労働時間だけである。

パートタイム労働法第2条(定義)「短時間労働者」とは、1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比し短い労働者をいう。

しかし現実では、事業所は正社員とパートでは契約上歴然と差を設けているのです。

法律上は勤務時間や日数以外に差がないのですが、実際には賃金や処遇に大きな差を契約上決めています。

賃金は時給換算でパートの方が安い

昇給はパートには無い

賞与はパートには無い

退職金はパートには無い

その他交通費に上限がパートにある

福利厚生に差がある

このように多かれ少なからず多くの事業所では、安い労働力としてパートを見ているのはたしかである。

同一労働同一賃金同一待遇など働き方改革など無縁である。

法律上は勤務時間や日数以外に差を設けていないが、事業所が契約で変えている

このことから、パートの正社員の仕事に対する対応は違っても当然であろう、社員に捨て見れば金を払ってるんだから同じように働けと言うこともある程度理解できるが、もしそうして欲しいなら、パートにも昇給賞与退職金など労働時間やに数に応じて支払うべきである。

責任や義務だけパートには同じように求め、待遇に差をつけるのは身勝手であり卑怯、卑劣な要求だ。

社員はパートの契約待遇が自分たちより冷遇されてることを知るべきである。

何よりパートは雇用の保証がない場合が多く、多くは一年契約である、また人削減では最初に整理されるのがパートである。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください