通所サービスディサービスもディケアも楽しいものではない

高齢者が、ディサービスに行くのを嫌がるという話を聞きます。

確かに、楽しいところでは無い気がする。

リハビリとお風呂以外は、塗り絵をしたりお遊戯のような体操ばかり

痴呆がない身体の不自由だけの人にとって苦痛な時間のようだ

目が悪く塗り絵も問題集も見えないと、何もすることがない

音楽があっても童謡である。懐かしき歌謡曲でも聞きたい、地元の話題が流れるAMラジオでもいいから聞きたい

利用する高齢者は退屈だが、世話をする施設スタッフはドタバタと忙しそうにしている。

もっと自由に過ごすことができないのだろうか?

施設では何でもかんでも全員で体操、全員でゲーム、すべてが全員でなのです。

一人で読書とか、一人でゲームとかさせてもらえない。

TVでは麻雀やパチンコなどもある施設が紹介されていた。うらやましい

あんな施設に行きたいと利用者が呟いた。

ディサービスの娯楽

しかし行政が、ギャンブルは如何なものかと待ったをあける。高齢者の楽しみを奪っているのは行政の気がする。高齢者は何もせずいう事だけ聞いていろとでも言いたいようである。

せめて将棋や囲碁、オセロなど自由にできてもいいのではないでしょうか

カラオケは他の利用者の迷惑だと全員でないとできない、ワンフロアーサービスの不燃差である

プランを作るケアマネも私のいう事を聞いてれば介護保険サービスが受けられると言わんばかりで、高齢者の尊厳などどこにも見えない

自宅にいれば、トイレやお風呂が大変だけど、自由である。

とにかく、トイレとお風呂、そして食事これだけは、できるようにしよう

そのために元気な内にせっせと歩いておくことだ

 

 にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

会社人間の末路?

介護施設の利用者様の在り様を日々見ていると、哀れな会社人間、仕事人間の末路を見る事になる。

施設に到着するや否や、昔の職場に電話して、元職場の人を困らせている、しばらく椅子に座りのんびりしたと思うと、いきなり椅子から立ち上がり、仕事に行ってくると出口に向かう人、なにやら一生懸命に塗り絵の裏紙に文字を書き仕事の原稿だという

働いていた頃の記憶が混沌とした現実の合間によみがえっているのだろう、

聞けば、仕事を辞めるまで仕事以外に楽しみもなく、仕事関係の友人しかいなかったという。

施設のお世話にならない人でも、用もなく元の職場に電話をいれたり、突然訪ねたりする人もいるようである。

仕事にい行ってくると出かけて、迷子になり徘徊する

仕事をしていた資料がない、誰かが盗った、隠したという被害妄想

いまだに職場の相談役のつもりで、毎朝出勤者や何かの参加者を確認している人

職員に一生懸命に仕事の心得を説く利用者

利用者の集まりが職場やオフィスと思い込む人

働いていた時の記憶だけが鮮明に残り退職後十数年経ているにもかかわらず環境の変化や立場の変化が欠落している

このような人から、僅かにのこる会社人間としての記憶を、整理してしまうと、まるで抜け殻のように生きるしかばねとなってしまう気がする。

きっとこの人たちは、真面目に会社に勤め一生懸命に仕事をして人生を仕事にかけた人たちなんでしょう。

どうでしょう皆さん会社、仕事以外の話題で残りの人生を考えてみてください。

にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

定年後に働くなら64歳までに就職を

定年後しばらくのんびりとしよう!なんて考えていませんか?

多くの人が退職金をもらい、企業年金や確定拠出年金などで、一時所得や当分の収入が見えて、余裕の気分になっています。さらに失業保険で5か月程度は失業給付が受けられます。すくなくともこの給付期間は、働きません。就職活動のまねごとをしたりして、失業給付を期間一杯受けようとしますね。

それもありですよね、でも給付が終了したらどうするつもりですか?

本気で職探し?

まだしばらく遊ぶ?

旅行、高級車購入・・・・・・

投資で蓄えを増やす?

蓄えと年金などで働く必要のない方はご自由に旅行でも憧れの高級車購入など満喫してください。

そうじゃない人は、そうです求職活動です。

高齢者の就職は、失業率や求人倍率に関係ありません。

多くの場合、60歳までとなっています。65歳まで延長とあっても、これは既には足りている人が65歳まで延長可能ちう意味で65歳以上も採用と言ってないのです。

60歳以上でも採用している会社でも、65歳まで」としている場合が多いです。70歳まで働けます。との会社でも65歳までに字は言った場合ですね、その場合は仕事も覚えて戦力になっているからです。

70歳以上の仕事は、殆ど警備と清掃です。70歳以下ならまだ、ドライバー、管理人、介護、もちろん警備や管理人でも程度の良い仕事があります。

シルバー人材センターの仕事って考えてません、ここは仕事不足で仕事の紹介待ちが沢山いて優先は、市役所や関連団体などの退職者が持っていき一般の会社員OBにはなかなか回ってきません。人気の管理業務は、5年間か70歳までと期限が切られます。最近ではシルバ人材センタ-も派遣業務や就職あっせんもあるのでそちらを選ぶのもいかもしれません。シルバー独自の請負業務では、委託者からの賃金を一定割合事務費とか言われ天引きされたり、労災も雇用保険も無いのでもしもの時は、不安です。

働くなら最低、労災と雇用保険のある仕事をしましょう、労災は事故などに保証があります。雇用保険は1年以上働けば、やめた時に失業給付が受けられます。

退職後に働くのなら、絶対65歳までに就職しましょう。働けるうちに働きましょう、年を取っていずれ働けなくなります。そんな年になれば、お金も使わなくなります。

そうです、お金を使いたい今が働くときです。お金が欲しくなってから働こうとして70歳を超えていたら、本当に悲惨な生活がまっていることになりますよ

今のままでは、年金受給額も政府に減らされていきます。所得税や介護保険、国民健康保険も上がっていきます。少なくとも年金の手取り額は確実に減っていきます。

せめてその分でも稼ぎましょう。

 

定年と言う事・とにかく気楽に働こう

最近こんな記事を見つけました。

「定年ってのは線路の果ての『終着駅』みたいに思っていましたが、いざ、そばに来てみると終着駅じゃなくて『乗り換え駅』なんですね。

確かにそうですね。60歳で定年を迎えても、人生80年なら、まだ先に20年の人生が残っています。ただ今までの延長ではやっていけない、収入が減り、仲間が減り社会から疎遠になって行くそれは

それは、「群れ」を失うこと、「仕事」を失うこと、「収入」を失うこと、「看板と肩書」がなくなること、「人間関係」が激減していくこと、そして「情報のルート」を失ってしまうこと

 

退職金がたくさんあって年金も余裕があるという恵まれた方なら、趣味を生きがいもよいでしょう、

「そのためになら少しぐらいカネを使っても惜しいと」思わないもの。第二は「それをやっていれば時間を忘れる」もの。第三は、「ド素人ではだめ。20〜30分は公爵ができる」こと。

退職金の失敗は、憧れの高級車の購入、海外旅行、スポーツ自転車購入、ローンに全額返済、ウィークディに高級バイクでさっそうと走る中高年や真っ新な高級車を操る人、ロードバイクに上下決めたバイクスーツで車道を走る中高年、みんなこのグループですね。

総務省の「2016年家計調査報告」によれば、高齢夫婦無職世帯(高齢夫婦とは夫65歳以上、妻60歳以上をいいます)の家計収支は、収入の月平均額が21万2835円、支出の月平均額は26万7546円となっています。毎月およそ5万4000円の赤字です。
「おカネを働かせる」前に、まず自分が働くべき

上記の金額は夫婦2人の年金の合計です。自分一人では、こんなにありません。専業主婦の年金は、せいぜい月に5から6万ですだからから、自分一人の年金は15~16万ぐらいが平均だそうです。

定年で収入がなくなっても、急に節約生活なんてできないもので、自動車がある駐車場代がいる、ガソリン代だ車検だ税金だとお金が必要。

保険だって現役時代並みに払えなくなる、

第一に60歳で定年なら65歳まで年金もない、蓄えが減り続ける

年収500万の人の生活では、年金支給まで2500万円が必要なんてことになりかねません。

保険の見直し、自動車の見直し、食事や趣味の見直しなど徹底しても足りない分は、やっぱり働くことにならざるを得ません。

保険は、生命保険から医療型へ、年取れば体にガタが来ます。病院代、治療が出るもので安いものに変えましょう。

生命保険は、お葬式代程度で十分

自動車は、サンデードライバーならいらないでしよう、孫守りなら使用頻度を考えましょう。

外食、孫へのプレゼントが一番家計を圧迫します。計画的にしないと、最終的にお子さんにお世話にならないと生きていけなくなり親子関係も微妙になります。多少の疎遠も子供に迷惑をかけない手段です。

月に5万でも8万でも働けば収入が入ります。働いてるとその分お金を使わないものです。

ローンなど残ってれば、その分だけでも働けば何とかやっていけるものです。とりあえず年金支給開始まで、年下の奥様の年金が入るまで頑張りましょう

仕事を探すのに、昔の経験やキャリアは忘れましょう。

あなたのキャリアや経験を望む仕事なんてありません、企業の欲しいのは。若い人材です。

中高年は、若者の嫌う仕事へ進みましょう、別に慌てる必要もがむしゃらに働く必要もありません。

週3日とか週5日でも午前だけとか、とにかく無理せず気楽に考え、嫌なら辞退的なスタンスで決めましょう。

相手は、そんな都合の良い仕事など無いとかフルタイムで社会保険も入れると甘い言葉も出てきます。

定年者の仕事探しは、時給が安くても時間が短い、日にちも少ないのが鉄則です。

仕事の厳しさは自分の体力と相談し、安易に背伸びしないことが大事です。

仕事の探し方

ハローワーク:一番手軽だがあまり良い仕事が無い、相談員も天下的高齢者が多く良いところは自分たちが持っていく

シルバー人材センター:最近では、職業紹介もあり紹介された事業所と直接契約なのでシルバーの週20時間以内とか70歳までといった制約や収入からの天引きもないです。

求人紙:これが一番件数も業種も多いが圧倒的に若者向けが多い、特に夜勤や早朝、高齢者向けには警備や掃除がほとんど

求人が多く選べる職種は、介護施設です。非常にたくさんあるので危ないとか喫そうと思えばやめても他にたくさんあります。恒常的な人で不足なので入りやすいですが、なかなかブラックなところも多々ありますので、充分に吟味してください。

コンビニ:ここも恒常的な人で不足、ニュースで流れるようにブラック度が高いです。有名コンビニでもオーナは地元の自由業の人なのでほとんどが素人です。労働基準法など知らない経営者ばかりです。

マンション管理人:定年者に人気の高い業種です。管理人といってもほとんどがクリーンステーションの整理整頓と清掃です。あとは管理組合などの連絡調整等、管理なしに清掃だけの場合もあるためゴミ出しの日に数件のマンションを担当するケースも多々見られます。ブラックは管理会社が住人のトラブルを管理人に押し付ける場合があります。住人とのトラブルも無い事はない

スーパのバックヤードやカート整理:基本的に土日の作業が多いです。
早朝の荷受け荷出し

駐車場整理や警備:1時間交代が一般的、土日祝日の商業施設、夕方のスーパー等、工事現場の交通整理、夏場は暑く脱水に注意、

まだまだありますが、慌てずに調べましょう。

 

定年後の介護職に

介護職1日目
無事終了、出迎えはキャラバン福祉車両で車椅子2名、歩行器1名、杖2名の5名でした。

昼間は体操やレクレーションの手伝いお茶コーヒ入れ、お風呂後の頭髪乾かしなどなど、送り出しは2回でお迎えの人を一旦送り、2回目は病院への送りと近くの団地へのおくり届け 帰ったら定時で少しだけ反省会や申し送りなどに参加その後退社しました。

つかれたー、 腰が痛い、立ちっぱなしだー

元大企業の役員という頑固な爺さんが、他の利用者さんのおしゃべりのうるさいと言い。

利用者さんをお迎えに行ったり送っていったりすると、待ち構えた訪問介護の介護士や、利用者様の家族が嫌味や文句ばかり言う

訪問介護の買い越しは、あからさまにディサービスを見下して上から目線でクレーマーとなる。

介護職が敬遠される理由を初日に洗礼を受けました。

介護職の離職率は、看護師や介護資格の保有者、訪問サービスのディサービスの見下しでの虐めが大きい理由。

はっきり言って、そこまでされてする仕事でもない、

感謝され、親切にされる人には大いにサービスと新設の奉仕と介護を、いじめや嫌味な介護士や家族にはそれ在りに

にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

交差点の3秒ルール

交通ルールで明文化されてないけど注意しよう

交差点などでの3秒ルール
一時停止とは停止線の前で3秒以上止まらないと違反

交差点の全赤時間は約3秒、飛び出しに注意

右左折表示(ウインカー)は3秒以上前に、出さないのはもちろん曲がると同時も違反

基本は停止して右見て左見てもう一度右見てOK

右左折は、ウインカーを出して後ろを見て左右によって減速する

 

徐行とは、いつでも停止できる速度で一般的には4~10km程度

減速とは、どの程度スピードを落とすのか?

30%から60%、 40kmなら30km 50kmなら30km、60kmなら40km

高速道路なら、100kmから80km、80kmなら60km

すべてが取り締まる警察の主観にゆだねられてるが、暗黙のルール