定年後に中高年で集まっては朽ちるだけ

定年後の暮らしをアドバイスする書籍やサイト情報などで、地域の老人クラブや趣味のクラブに入ったり、ボラティア活動などを進めている事が多い

私も最初は、シルバー人材に登録し紹介を受けた仕事をしました。

職場で話をするとニュースの話題、現役時代の話し屋昔話しでどんどんと歳を取っていく感じがした。いつしかそれが当たり前の日常になりコミニケーション範囲が狭くなってマヒしてきました。

このまま歳を取って朽ちていくのかなんて思い、シルバーを退会し新たに職探しを、マンション管理人や、企業の役員・社員送迎、ビル清掃な面接を繰り返しましたがどれも、高齢者用求人の為か職場仲間は高齢者ばかりでした。

そんな中で、介護関係の送迎ドライバーで何か所か面談したところ、2か所で朝夕2回の送迎時間の間にフロアーの見守りと簡単な介助業務をと誘われ、通所サービスのフロアー業務を見学しました。

他の介護施設で働く介護士さんは中年の方が多く、若い人の多い施設では、私のような60歳を超えた男性は嫌われました。

見学をした施設では、2~30代の介護士さんや20代の外国人の方がおられ、イメージが変わりました。通所サービスの送迎ドライバーはほとんどが中高年ですから、空き時間を介護士として採用することもないのだろうと思いますが、人手不足もあってか私にはチャンスでした。

介護業界は当然初めてなので、若い人自分の子供や孫のような女の子に指図されても当然と割り切れました。これが続けられる理由ですね。

意外と定年族の再就職の失敗や嫌われる原因は、経験風を吹かせたり上から目線、役に立たないプライドを持つからでしょう

初めての介護の仕事には、素直に教えを請い指示に従い、言いたいことは、間をおいてあるいは、しばらく日を置いて(時間じゃなく日です)言うことにしました。

最初は肉体的疲労、やはり介護はきついです。また若い人たちの動きについてゆくのも大変です。

しかし、常に若い女性のいる職場で、話題や行動に囲まれていると自然に自分も若返る気化します。さらに利用者は、親世代ですから利用者からは子供みたいにみられます。自然と若返りを感じられるのです。

若い人の話題を知れば、自分の楽しみも増える、グルメ情報や、旅行の話し、ママさん職員さんの子供の話しは、自分の孫の話しいで合わせられます。

自分の子供が子育てで大変な様子が、職場のママさん職員さんの子供の話しで客観的に知ることができます。

さらに通勤途中で駅やバス停い向かう通勤の人たちはすべて自分より若いわけです。

何時も交差点の向こう側で信号を待つ人、今日は見ないと少し心配し後日合えば安心したり、同じバス停で降りる人が、数日同じバスだったのに、何日か見かけなくなり何日かすると再び同じバスに乗ってくる。

シフト勤務なのかな?なんて考えたり、バスの途中には学校が多く学生も多い、マナーの悪さには閉口するが、これが最近の若者と納得しながら眺めている。ここで怒鳴れば、ただの嫌われ爺である。

近くに大学に通う中国人留学生の多くはバス停で並ばないのは本当だ、行列の前に仲間を見つけると当然のようにそこへ割り込む、そうでない時は列の少しでも広い場所があればそこに並ぶ・・・・

働きに出ると言う事は、今の社会を知り体験できます。

シルバーさんの集いでは、通勤風景は見れないし、日々の変化も感じられないし話題はシルバートークである。

また、送迎ドライバーだけでは、知ることのできない、介護士の離職率の高さの事、あまりにもかけ離れた介護士と運営者の意識の差と現場知識の差の驚く

運営側や事務方は、介護士の仕事をほとんど理解しようとしない。

また介護施設の看護の多くは、一度リタイヤした出戻り看護師が殆どなので、知識や技術が昔のまま後多いです。

いわゆる昭和の知りき技術で令和を語るです。

私も自戒として、昭和の知識経験で、今を語ることの無いように、常にアンテナを張り今の知識経験を吸収しようと思います。

 

にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

梅雨入りの日の送迎

神戸でもやっと梅雨入りした。

そんな日の送迎は、土砂降りの中の送迎で大変でした。まるでシャワーのように雨が降り注ぎ、車のワイパーも忙しく動く

朝の送迎は、ポツポツの雨粒だったが午後は、土砂降りである。

ヤッケを着ていたが、役に立たず車椅子の利用者を濡らさないようにポンチョを着ていただき、ドライバーが傘を差し掛け、介護士が車椅子を押す、当然ドライバーも介護士も土砂降りの雨に打たれての作業である。

時に当然のように眺める家族の目が怖い

見かねて家族様が、傘を差し掛けてくれる方も居られるのが救いです。

利用者を無事にご自宅に入れ、車に乗り込むが体中から水が滴り降りる

運転席がずぶぬれである

まだ数名の利用者が残っている、もう頭も土座衛門のように乱れて、ユニフォームが体に張り付いている

一時間の送迎が終わり施設に変えると、ユニフォームを着替え、髪を乾かす。

使用した傘やポンチョなどの雨具を干す

これから長い梅雨の季節が憂鬱になる。

 
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

ディサービスの送迎の嫌な季節

7日の金曜日は朝から大粒の雨が天から落ちてた。
出勤のバス停で待つ間に腕も足元もずぶぬれである。

送迎前のコース確認も憂鬱だ、車いすのお迎えが多く、一度施設に戻り2回のお迎えに行くコースだった。

幸いにも近くの利用者様ばかりで、終業時間前の出発は無かった。

この業界では、始業時間前に施設を出ないと間に合わないようなお迎えの時間を約束するサービス残業有りきや無償サービス有りきの契約が横行している。

正直マネージメントなど無いのである。

一人の契約の為にコスト時間を収入以上に使うケースが多々うかがえる。

千円の売り上げの為に1、100円を使うのである。

職員の労働時間は、何時間使ってもコストは増えないと思い、どんなに理不尽な過酷勤務でもコストは同じと憚らず。

当然人は来ないし辞めてゆく、毎日365日求人を出す業界でもある。

介護士の暴力や虐待がニュースをにぎわす、実際にはそれ以上の利用者や家族による介護士への暴力暴言、パワハラ・セクハラがある。

ニュースにならないから、マスコミは取材さえしない。

施設には

エロジジイや暴言ババァが必ずいる。

そんな人種が数十人寄ればどんな状態になるか想像に苦労はない!

雨の日に利用者に傘差し掛け自分たちがずぶ濡れで介助しても、「あぁあ濡れてしもた。」「冷たいわ」と嫌味を言う。

じめじめとしたフロアーでエアコンを入れると、26℃~28℃でも寒いと苦情を言う温度感覚がマヒした人たちが多い、当然28度あっても寒いという感覚だから水分も摂ってくれない、真に熱中症に突き進んでる人たちです。

お風呂となれば30℃以上はざらである、それでも寒いと苦情を言い、家族からお風呂が寒いと言ってると苦情が来る。

しかし介護士さんたちは笑顔で、水分を取ってもらおうとご機嫌を伺い、エアコンを止めたりして灼熱の部屋やお風呂で奮闘している。

もうこれは、施設利用者とその家族による介護士虐めや暴力に他ならない。

介護業界の人で不足の原因は、政府の政策の不備と利用者の横暴によるものと思う。

いつか、介護する人がいなくなり、いなくならずとも大幅に足らない、従って介護が受けられない、家族が自分で看る、結局そうなるんだろうと思える。

自分だけは、そうならないように、食生活に気を付け運動をして健康寿命を維持したいと彼らを見てそう思う。

 にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

やっとまともな定年後パートさんが来た

介護施設では、介護職は勿論だが送迎ドライバーも常時募集している状況です。

私の勤務する施設も例外ではなく、常時募集をしている、私のように送迎の運転と送迎のない時間は、利用者さんの見守りをする人を募集している。

過去2年の間に、中高年の方が3人ほどが入ってきたが、食器洗いで手が荒れるとか運転が荒い、道が覚えられない等、様々な問題で短期間で辞めていった。

朝夕だけのドライバーさんは、何とか2名が継続しているが、昼間の見守りや昼間の臨時の送迎を担当する人は長続きしない

今回来てくれた定年直後の方は、今のところ大過なく勤務されている、想像していたより辛そうだが、徐々に慣れてきて顔も緊張がほぐれ笑顔も見える

やっと安心できるのかな?

とりあえずは、送迎業務は、助手席で見てもらい、次には運転担当し助手席で補助し、少しずつ単独送迎をしてもらっている。

持ちろん朝夕の送迎は介護士の添乗は付く

送迎時には、運転は安全安心に勤め、利用者の乗降介助や車いすの上記うリフト操作など、雨が降れば利用者に傘を差し掛け自分はずぶぬれである。

昼間の業務は、見守りと言っても、お茶出しやコップの洗浄、トイレ誘導や時にはトイレ介助、お昼の配膳と下膳、口腔ケアの誘導、リハビリへの誘導やレクレーションの補助などやる事は多い、その間にも臨時の送迎がある。

自分たちの昼休みは、当然利用者の昼食後だが、1時から3時までの間の1時間で摂ることになる、時にはまともに1時間休めない日もあるのです。

出社して退社するまで立ち続けで自分は結構足に答えました。新しく来た人は前職も立ち仕事だったので大丈夫なようである。座れるのは、運転時と休憩中だけである。

ただ利用者さんとのコミニケーションには、楽しいものもある、皆さん長い人生を歩んできた人たちで、身分も経験も多様で、資産家から生活保護者まで多種多様の人間模様を日々見ることになっている。

高齢者は、多少の違いは在れど皆さんわがままで、身勝手であり人の言う事は聞かず自分の意見だけを行ってきます。

介護をされてるのではなく介護をさせてるという意識が多勢で、時として勝手にしろと言った気にもなるが、これは禁句である仕事と割り切る自覚が必須である。

 

にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

介護保険料のお知らせ(納入通知書)が届いた

65歳になったので、介護保険が年金から天引きされるが、年度途中なので自分で振り込めと神戸市から通知が届いた。

いつもながら上から目線のお役人仕事である。

年金生活者の生きてゆく糧を年金機構が支払う前に自治体のお役人が差し引くのである。「所得税」「住民税」「介護保険料」「国民健康保険料」「後期高齢者医療保険料」まで先取りされるようだ、年金を支払う前に回収されているようだ

役人は、年金生活者の生きる糧より、税金や保険を取り上げる方が大事なのだ。

それも年度途中だから、自分で振り込めとある、ずいぶんと身勝手である、勝手に年金から取り上げるのに、年度途中だから事務作業が大変だから、それまでは自分で振り込めと来た。

本当に公務員というのは仕事ができないかしたくないようである。

介護保険は、バカ高い、将来お世話になるかもしれないが、普段施設で働き、介護保険を貪る人を見ていると支払いのが嫌になる。

わざと近い介護度認定調査時に演技で介護度を上げる人の多い事、立って歩けるし1km近く先のショッピングセンターへ一人で出かける人が何故か介護度5の不思議?

介護の現場のパートは、最低賃金ぎりぎりで昇給も無し、賞与どころか寸志さえもない。

いったいこんな高額な保険がどこに消えるのか?

施設だけではない、介護用品価格の異常な高さもきになる。

介護保険料の振り込みもj同振替を進めてるが来年4月までなので、自動振り替えは辞めておく、この制度に関するお役人仕事は、あまり信用できない

 

介護認定の不思議

介護施設でディの見守りと送迎の仕事をしてもうすぐ2年なる
介護の事もある程度わかってきたが、最近介護度について実際の介護を受ける人と介護度の乖離に不思議さを感じる
介護認定は各市町村で行われるらしいが、神戸市では要介護は、えがお窓口
(神戸市での「指定居宅介護支援事業者」の愛称)がおこなうらしい

介護度が一番重い介護5の人が毎週通っているが、介護度5言えば、
寝返りをうつことができない寝たきりの状態であり、食事、排泄、着脱のいずれにも介護者の全面的な介助を要し、1日中ベッドの上で過ごす。

と説明されています。
しかし、東灘区の御影高校近くから通う利用者は介護度5というのに、車いすで御影クラッセまで自走して出かけてる。さらに短い距離なら立って歩くこともできる。究極は海外旅行さえしてる、寝返りさえ打てない人が車椅子で自走できるって。いったいこの地域の「えがおの窓口」ではどんな介護認定をしてるんだろうと疑う。

統計を見ると、東灘区の介護認定は介護度が高い人が他の区より多い、認定が適切に行われていないのは明白なようです。このように実際より介護度を高く認定するのは介護保険を崩壊へ導く要因です。
灘区の要支援の人がいらっしゃるが、杖2本で何とか歩けるが数メートル進んで立ち止まる状態で要支援である。これは先ほどと違う介護度を軽く見てる認定だ。

このように、神戸市の介護認定は地域やセンターによって、大きく違っており、口頭質問だけで実態を看ずに介護度を決めている状態だ、誰が見ても一人で自立歩行してる人が歩けないと言えば重症に見たり、大勢の人に助けられながら外食してると言えば自立してると判断するなど、素人よりひどい介護認定をしてる介護度認定に係る、「えがおの窓口」(指定居宅介護支援事業者)や「あんしんすこやかセンター」彼らこそが日本の介護保険制度を崩壊させているような気がする。

本当に受けるべき人が介護を受けられず、演技が上手かったり、声が大きかったり、クレーマだと介護認定を高くできてしまう。

正直でおとなしく遠慮すると介護が受けられないことになる場合もある。
生活保護者が生活保護費から数十円で介護保険を使いディに通うって納得ができない事もある。

長年自由業で年金を払わず贅沢してきて体を壊し生活保護をうけて、長年年金を払ったまじめな人を押しのけ介護を受ける現実を見ると何が正しいのか解らない日本の制度である

高齢期移行者って何?65歳から69歳

先日、市役所から「65歳になられる方へ 医療費助成のご案内」が届きました。

中に高齢期移行者なる文言があり、65歳~69歳の方とある。

お役所的に、私は高齢期移行者と呼ばれる年齢らしい。案内の内容は、一定の条件に当てはまれば、医療費助成が受けられると言うものです。

単身世帯で月に8千円から1万五千円の助成が受けられるらしい、合わせて要介護2以上なら、1万2千円から3万5千400円の助成なるそうです。

しかし条件が、世帯の市民税が非課税の場合だそうです。公的年金などの合計所得が80万円未満、月額6万6千円って国民年金を少し上回る所得です。つまり国民年金だけ人は受けられますが、パートで追加収入が有ると受けられません。およそ厚生年金や年金受給しながら働いている人や少しでも住民税の課税があれば、この制度は受けられません。

月にこれだけの医療助成は、うらやましいもんがありますね。

さてさらに、市役所からの贈り物は、「すこやかカード」なるもので、神戸市の施設を無料や割引きで利用できる優待カードのようなものです。

すこやかカード
すこやかカード

無料の主なものは、王子動物園、六甲牧場、森林植物園、須磨離宮公園、

半額:明石市立天文科学科館、神戸海洋博物館・カワサキワールド、神戸ポートタワー、

まだ他にもたくさんあります。すこやかカードで割引になる施設

さらに届いた極めが「介護保険被保険者証」である。

介護保険被保険者証
介護保険被保険者証

ついに私も介護保険証を持つ身になりました。できれば最後までこの保険証を利用しないで終わりたいものです。使わなくても保険料は高くなり払い続けなければありません。年金からの天引きらしいです。お国は、結局年金を減らし、保険料を年金から回収し、国民を虐げる政策しか考えないようです。

社会保障が良ければ負担もやむを得ないですが、今の政府は社会保障を縮小し国民負担だけを重くする政策しか考えないようで、痛みを伴うと言いながら自分たちの議席数を元に戻したり、議員の年金を手厚くしようとしたり、どうも政治家は、私利私欲のための支援者や市民を利用する考えのようだ。

 

介護施設の送迎に走り回る日々

パート契約の始業時間は8:45分からなのに、なぜか8:30分に朝礼があり送迎車両の担当が伝えられます、早い時は週2回程度 8:45前に施設を出発します。終業時間前に送迎の為に出発です。実質15分のサービス残業労基法違反です。

8:40:~9:45
朝の送迎で、8時40分に出発、最初の利用者は20分走ったマンションで遠くです。ここから施設に向かって利用者を迎えながら帰ります。走る間隔は10分や5分程度で車椅子の方の乗車にはリフト操作で5分から10分、杖や歩行器の方等マンションの部屋までの迎えで5分、自立歩行の方は、数分で終わります。施設に到着は、1時間後です。車椅子や乗降介助が必要な人がいる場合は介護士の添乗者がいます。

施設到着後は、利用者様を下車誘導しディのフロアーまで誘導、車椅子の方をリフトで降ろし、杖や歩行器の方の降車を介助し皆様の手荷物をフロアーに運び、最後に送迎車の駐車と点検

フロアーに戻り利用者に、お茶出しや帽子や上着を預かります。

10:15~10:45
その後午前中にリハビリに来るだけの利用者様に迎え時間の連絡をして、帰ってから30分後には再度短時間利用者様を迎えに走ります。短j間の場合基本的に添乗は無く一人で運転と乗降介助します。この時の時間は約30分

10:45~12:00 見守り業務等

12:00~12:20
施設に到着後1時間dえリハビリが終わると、今度は送りの為に出発、30分後施設に帰り

12:20~13:00
この間に配膳と下膳等や口腔ケア誘導を行う、時には、この時間に、午後のリハビリだけの利用者の送迎があります。

13:00~13:45
午前半日利用者の送りで45分、乗降介助必要時には介護士の方の添乗あり

13:45~14:45
やっと自分の昼食である

時には、14:30に昼食休憩を中断し午後のリハビリだけの利用者の送迎が入ります。この時は1時間の休憩が取れません、この辺もサービス残業労基法違反です。

15:00~16:00
おやつの準備、コーヒーや紅茶の準備、おやつの配膳

おやつご介護士さんがレクレーションを行ってる間に、送迎準備で荷物を複数の送迎者ごとに分け確認

16:00~17:00
夕方の送迎、基本亭には施設に近い順番から遠方へと走ります。朝と同じで乗降介助が必要な方がいる場合は、介護士さんが添乗します。

見守り業務、送迎運転以外の業務
送迎のない時間は、ディフロアーで利用者さんの見守りを行います。お茶出しやトイレ移動介助、特定の人のトイレ介助もあります。車いすの方が普通の椅子の乗り換える場合の介助、ベッドに横になる場合の介助などもあります。

多くは、塗り絵や間違い探し、クイズなどのプリントの配布や手伝い、水分摂取のためのお茶やポカリの提供、使用したコップの洗浄などが運転以外の仕事です。

結構忙しいですが、たまに利用者が休んだり、曜日によって送迎がなくなる場合があります。その時は基本見守り業務です。

殆ど座ることのないんで、お昼休みにやっと座る事が出居ます。また運転中が座れますが気を抜けません。

 

 にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

歳を取るとルールを守らない

バス停の待ち行列で神戸大の中国人留学生が知人を見つけて割り込む姿はよく見変えるが、日本人の高齢者にも、わざとらしい割り込みを見かける

バス停に並んだ列を通り過ぎ、一番前に行って時刻表を見るふりをしてそのまま、一番和えに陣取っている。

通勤時間帯で、よく見る高齢者だが毎回時刻表を見に銭湯に行ってそのまま一番前で乗り込む。

最近あったのは、コンビニでレジ待ちする場所が床に足跡マークや線や矢印で書いてあるが、全く無視で、レジしている先客の後ろに並ぶのは、やはり高齢者である。

店員にまじめに並んでる客に悪いだろと言うと、あのような客は、並ぶようにと言うと逆切れして苦情をまくしたてるらしい、それも分かるが、損な客はお断りすればよい、まじめな客が来なくなるだけだ。

高齢者の信号無視や横断舗装のない場所での道路横断、10mもない場所に横断歩道があるのにむしする、歩道橋の下を渡るなんて当たり前

危険なのはセンターライン足りで立ち往生、分離帯の植栽の影に立っているなども、車が着ていてもゆっくりとあわっる様子もなくあるいている、渡り終わると逆に何が悪い、案荒が危ないとでも言いたげに睨んでいる。

足が悪い、早く歩けないや長く歩けないから、最短距離で歩く、階段がきついから歩道橋は使えないなどの問題もある。

しかし最低限のルールは守ってほしい、赤信号で渡らない、手を上げるや、少し速足でと思ってしまう。いつか車に引かれるかもしれない人が多い

遠回りより最短距離があの世への最短距離にならないようにと思います。

 

身勝手な施設利用者、介護士への暴言暴行あたりまえ

 

クレーマー
クレーマー

通所サービスの利用日は、週何回何曜日利用と決まっているが、中には家族の都合でその日の朝、前日に休みや利用日でない日の利用を言ってくる人がいる。

介護施設もサービス業であるから可能であれば変更に応じるが、これに甘えて日常茶飯事で変更する家族もいる。施設が手続きなどが大変なのは、仕事だからよいが、他の利用者に迷惑がかかるのだ。

利用日の変更等を直前や当日に言う人たちは、多くの他の利用者の送迎の」順番時間の変更をさせ、いつもより待たされたり混雑する車に乗せられたりする。施設では、リハビリや入浴の順番が変わり待ち時間が伸びたりする、食事やおやつをつかしなけれあならない。

利用者の都合ではなく、多くは家族の理由である。本人の体調で休むことは在るが本人都合で、休みに出てくることは無い、

家族が出かけるからとか、来客があるから預かってくれこれは多い、

孫が来るから預かってくれっと孫に合わせないのだ!

熱があるから預かってくれって病院じゃない!

寝ていないから施設で寝かしてくれって、寝に来るなら家で寝てろと言いたい

 にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村