2年目の確定申告

退職後2度目の確定申告です。年金はまだですが、シルバーの配当金収入と個人年金の収入があります。総額で課税額まで届かず原則では申告不要です。しかし国民健康保険の収入判定のため確定申告し不用意な見無し収入で掛け金を決められたくないので収入を市に通知するために確定申告します。

申告は前年同様に、国税庁のHP「確定申告書等作成コーナー」で行います。もちろん納税額は、0円です。まだシルバーからの支払い調書が届いていないので提出はできません

確定拠出年金と失業基本手当は非課税で申告不要なので、収入に対し税金はありません。そのことを証明するための申告です。

確定申告等作成コーナは1月5日から利用可能です。

 

 

定年後2度目の年の瀬

今年も残すところ後1か月になりました。JR六甲道にあったKFC(ケンタッキーフライドチキン)がなくなっていたが、今月再び六甲道に戻ってきた以前は駅の高架下にあったが今度は駅北側のフォレスタ六甲の1Fに新規開店した。オープン記念で今月末までエコ・トートバックがもらえるというので行ってきました。まあ買い物バックみたいなチャチなトートバックというより買い物袋といった感じです。ランチパックを買って今日のお昼です。KFCフォレスタ六甲店

続きを読む

定年後の年賀状

36年賀状の季節です。昨年定年退職をして2年目になりますが、年賀状が激減です。

定年の年の最初が父の喪中だったので、元職へも中ハガキを出していたので元職関係からは年賀状がなくなり、今年は母の喪中で2年連続の喪中となり年賀状とは縁がなくなってしまいました。喪中のはがきもスクなくなり、現役時代の3分の1以下となりました。

しかし残ったあて先は、ごく親しい知人と交流のある親族だけになりました。20件程度でしょうか丁度良い件数な気がします。一人一人の顔と生活が見えるので一枚一枚時間をかけ丁寧になります。とは言っても今年も母の喪中はがきで、近況も新年の松の内を開けてからのあいさつになりそうです。

仕事用のお付き合いの方は本当に定年後は見事に音信不通になりますね。職場も近くないので余計です。しかし苦しかった一時期を過ごした数名は、変わらず年始年末のあいさつをくれます。ただ元気であることや近況を知るだけとなった遠くの戦友ですが、仕事以外の話題が楽しみです。

 

定年後1年経過

早いものです。だれが退屈だといったのでしょうか?なんやかんやであっという間の一年でした。

最初はのんびりと経済的にもまだ余裕もありのんびりと過ごし、給与もなくなると、職探しを兼ねた失業給付の受取期間が5か月、フルタイムの就業を嫌ったせいでハローワークでは仕事が無く、失業給付が終了と同時にシルバー人材センターへ登録、ここでも草刈や清掃などあまり良い仕事などありません。あたり前ですね。

続きを読む

企業年金基金から追加部分の支給

厚生年金の支給がS28年生まれ、正確には4月2日以降の生まれの人は61歳からになりました。なので無年金が1年続きます、退職してすでに3ヶ月目で預金が目減りしてます。再雇用は断られ60歳以降の再就職は皆無、管理人、清掃人、警備員等しか仕事はありません。仕事を探しながら失業給付を受けてますが、なぜか定年退職は自己都合と同じで60歳以上で150日分しかもらえません。給付が無くなっても年金があるとの時代の法律ですね。しかし厚生年金は61歳、満額支給は65歳になってもこの規則は変わりません。さすがお役人様の馬鹿な仕事です。定年延長は無く再雇用制度を採用する企業ばかりですが、現役時代の成績や人事評価で基準を設け再雇用するしないの判断は会社が決められるザル法です。再雇用されても”追い出し部屋”などの新規顧客獲得や飛び込み営業職だけで成績が悪いと契約更新なしといったブラック企業なみの規則ばかり本当にお役所仕事が日本を滅ぼすね。

続きを読む