高齢期移行者って何?65歳から69歳

先日、市役所から「65歳になられる方へ 医療費助成のご案内」が届きました。

中に高齢期移行者なる文言があり、65歳~69歳の方とある。

お役所的に、私は高齢期移行者と呼ばれる年齢らしい。案内の内容は、一定の条件に当てはまれば、医療費助成が受けられると言うものです。

単身世帯で月に8千円から1万五千円の助成が受けられるらしい、合わせて要介護2以上なら、1万2千円から3万5千400円の助成なるそうです。

しかし条件が、世帯の市民税が非課税の場合だそうです。公的年金などの合計所得が80万円未満、月額6万6千円って国民年金を少し上回る所得です。つまり国民年金だけ人は受けられますが、パートで追加収入が有ると受けられません。およそ厚生年金や年金受給しながら働いている人や少しでも住民税の課税があれば、この制度は受けられません。

月にこれだけの医療助成は、うらやましいもんがありますね。

さてさらに、市役所からの贈り物は、「すこやかカード」なるもので、神戸市の施設を無料や割引きで利用できる優待カードのようなものです。

すこやかカード
すこやかカード

無料の主なものは、王子動物園、六甲牧場、森林植物園、須磨離宮公園、

半額:明石市立天文科学科館、神戸海洋博物館・カワサキワールド、神戸ポートタワー、

まだ他にもたくさんあります。すこやかカードで割引になる施設

さらに届いた極めが「介護保険被保険者証」である。

介護保険被保険者証
介護保険被保険者証

ついに私も介護保険証を持つ身になりました。できれば最後までこの保険証を利用しないで終わりたいものです。使わなくても保険料は高くなり払い続けなければありません。年金からの天引きらしいです。お国は、結局年金を減らし、保険料を年金から回収し、国民を虐げる政策しか考えないようです。

社会保障が良ければ負担もやむを得ないですが、今の政府は社会保障を縮小し国民負担だけを重くする政策しか考えないようで、痛みを伴うと言いながら自分たちの議席数を元に戻したり、議員の年金を手厚くしようとしたり、どうも政治家は、私利私欲のための支援者や市民を利用する考えのようだ。

 

新在家のグルメ近況

久しぶりに六甲道南公園海側の2号線を散歩していたら、「鳴門鯛焼本舗」なるお店を発見、名の通り鯛焼き屋です。JR六甲道の鯛焼屋が無くなり残念に思っていたので、嬉しく早々にあずきあん、と金時芋あんの2つを女房殿の分で2個ずつ購入しました。お味は大変おいしゅうございました。

新在家といえば、阪神新在家駅の売店が、10月からネスカフェスタンドに変わってます。売店が駅前にセブンイレブンがあるために、売上減少でしょうかラッシュ時しか開店してなかったので変わったんでしょうね。

ネスカフェスタンド

新在家周辺は、グルメ店舗の競争が激しく、改札問い面にあったローソンが潰れて、カフェができて現在では空き店舗です。

その南側の「天ぷら米福」は結構流行ってます。平日でもお昼は行列です。

米福

駅の山側の、居酒屋大学は震災前からのお店、その2階にはもんじゃ焼きの「こてこて屋」が有ります。ここも長くあります。

以前長くあったラーメンの「山神仙人」が無くなり、今は少し山側の「いっぽし」ラーメンが流行っています。

いっぽし

駅前の「松屋」は頑張ってますが、2号線桜口交差点の「吉野家」は閉店しました。

駅の山側東の食堂「日の出もり屋」も繁盛してますね。

このお店は日の出屋ともり屋の2件が震災後に一緒になったと聞いてます。昔ながらの食堂で昔は24時間交代勤務の神戸製鋼の人たちの朝食から夜食までを賄っていたそうです。

日の出もり屋
ひのでもり屋

居酒屋では、駅の海側43号線交差点の少し山側のスーパーマルナカの問い面の「串くし本舗」が長く続いてます、安くて良心的なお店です。店員が少なくて注文が遅い時があるのが少し残念です。

串くし本舗
串くし本舗

多くのお店が新規開店で頑張ってます、新在家の客は厳しいです、是非頑張って根付いて欲しいですね。

 

 

ディサービスの送迎の弊害

ディサービス等多くの介護施設では、利用者の送迎を行っています。毎月の利用日数に応じて、施設に給付金が支払われる仕組みになっているためです。利用者さんに来てもらわないと収入が減るため、利用促進策として送迎を行なうのです。

利用者にとっては、玄関まで迎えに来て、帰りも玄関まで送ってくれる、送迎車も福祉車両でステップも低く手すりも多い、乗り降りも介助してくれる便利なシステムです。

高齢者の社会適応力を低下

送迎が、高齢者の社会適応力を低下させているとの指摘が有ると言うのです。移動する能力が失われてしまったそうです。送迎車を待つことに慣れ、自転車のペダルを踏んだり、車椅子を漕いだり、電車バス等の切符を買ったりする行為ができなくなったのです。外出が少なくなり季節の変化も感じられず、痴呆が進んでしまうことも考えられます。

たとえ人の助けを借りても、少しでも歩いたり歩行器や車いすでも、自力で移動することで、筋力も付き頭を使い目からの刺激もあります。

施設側にもデメリットがあります。

続きを読む

久しぶりにメリケンパークへポタリング

暖かくなってきたので、折りたたみ自転車でポタリング(自転車で散歩)を始めました。

自宅から三宮まで約5km、信号待ちや車の多い道路、狭い歩道を避けると時間でで30分程度

今日は、自宅から湾岸を通りHAT神戸を抜け、みなとの森公園へ、ポートターミナルに寄り道し、メリケン・パークへ

なんやかんやで往復15kmでした。

年度末で工事中の道路も多く結構気を使います。メリケンパークには新しくスタバが開店準備でした。ちょうどカワサキ・ワールドとオリエンタル・ホテルのの間で港を見渡せる絶好地です。

ポートターミナルから

ポートターミナルから

メリケンパークのスタバ

メリケンパーク東

メリケンパーク西

シルバー人材センター紹介の仕事とは

高齢者の就業による生きがいづくりを目的と謳っているシルバー人材センターの紹介する仕事のほとんどが掃除、清掃がほとんどですね。

高齢者の”生きがい”って掃除、清掃なんでしょうか?

HPにはいろいろ書いてはありますが、紹介されることはほとんどありません。

先輩の方に聞くとシルバー出身の方やお役所のOBが良いものを先に取っているとの事です真偽はわかりませんが、確かに管理業務のスポーツ施設管理、ビル管理や市の施設の管理などはそのよな人たちが多いですね。

助成なら介護や育児も多いようです。

紹介される仕事で同時にハローワークでも求人してる仕事ならハローワークの方が条件が良いようです。神戸市シルバー人材センターでは事務費と言って時給から7%程度天引きされます。また週20時間以内という制限もあるのでフルタイムで働きたい人には不向きです。

生きがい経験を活かしたと言っていますが、ほとんどが清掃や袋詰め部品組み立て除草、パンフ配布など単純作業ばかりでとても経験など関係なく経験を活かすとの表現とは程遠いものです。

最近の紹介を受けた仕事は、自動販売機の補充に回るトラックに便乗して空き缶回収や段ボール回収、スーパなどのカート整理と品出し作業、あとはビルの共用部分の清掃と建物周りの清掃作業

これがIT情報サービス業を40年近く経験した会員への紹介された仕事です。

シルバー人材センターの紹介する仕事がなぜこうも貧相なのかは、紹介する仕事を開拓する人や組織に大きく起因している。

多くはコーディネータと呼ばれる契約職員でそのほとんどが地方自治体からの天下りが多い状況です。特にそのような経験を持っているわけでもなく単に定年を迎えた市町村の職員が65から70歳までの職を与えまた退職金の追加などの融合を行う受け皿として存在する組織になっています。

特に謳われている高齢者の生きがいや経験を活かした活動と言いますが、多くの民間出身の会員の経験を理解できない公務員出身が行うわけですから、清掃や簡易作業や行政の臨時作業、いやがる汚れ作業を引き受ける市区位になってますね。

公園の清掃(認可事業者の下働き)、違法自転車の保管所(クレーム処理のクッション)、駐輪場(認可事業者の下働き)、公的施設の管理(行政の夜間作業などの下請け)、(介護支援(行政の不作を補う)、子育て支援(行政の不作を補う)

 


にほんブログ村


にほんブログ村

灘区2号線 男のラーメン

良く変わるラーメン店で今度は「男のラーメン」です。今日行ってきました。前は「ベトコンラーメン」で約1年営業していました。居ぬきで店内はそのままです。元気・情熱とやたら訴えていますが、大盛りで売っている感じですね。標準はしょゆ味の豚ばら肉入りですが、スープがやたらしょうゆ味で豚ばら肉の油?油粕が浮かんでる。野菜はもやしと若干の白菜、しょうゆスープの甘味が白菜かというとちょっと違った味、正直今一である。土日に行列ができていたがたぶん大盛りのせいかも、今日平日は行列無し店内もテーブルが開いていました。ただし昼過ぎに一人で行ったのでカウンターに押し込まれてしまいサービスも今一、テーブルに客がいないのに一人客はすべてカウンターへ押し込んでいました。

神戸大阪で展開してるようですが、神戸2号線ラーメン街道でどこまでやれるんでしょうか?

男のらーめん 六甲道店
男のらーめん 六甲道店

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村