ディサービスで送迎時間に3分遅れで怒られる

ディサービスで送迎時間に3分遅れで怒られる神戸市内をワゴン車で送迎していれば、信号も多いし車も多い、施設を出てから4人目ともなれば多少の前後はするが、3分早いと文句を言う利用者家族がいる。

と思えば、時間に到着しても、5分も出てこないでお待たせの言葉もない、なにか当然のような人や家族が多い。

エレベータの無い古いマンションの5階から足の不自由な利用者が、5分以上かけて降りてくる、悪い日には20分もかかる。他の利用者を待たせて、いい迷惑である。時に時間に間に合わない時もある。

遅いのは、当然だから詫びない、待つのが当たり前といった顔である。

なかには、金払ってるんだと嘯く輩もいる。

ご存じのように介護保険は、本人負担は、一割で合計所得が280万円を超えると2割、340男円を超えると3割負担です。多くは年金だけで1割がほとんどだから、必要な費用の10分の1しか負担していないのに、金払ってんだと偉そうに言う。

国民年金だけで生活保護の人ほど、我儘が強い、国民年金だけの人は、元自営業や自由業等、知って払わなかった人も多い。

実際介護費用を負担してるのは、働いている現役世代の方だ。

偉そうに言うなら満額払えと言いたい。

ディに通う人に謙虚さもない人がいる。たしかにディに行きたくないという人も多い、家族が面倒が大変だからと追い出されるケースが多い気もする。

ひどいのは、風邪気味だから、体調が悪いから施設で見てくれと、完全に勘違いしてる。もし感染症なら他の高齢者を危険にさらすことになる。

施設は病院ではない、結局状態が悪化すれば家族に引き取りに来てもらうか旧きゅである。本当にいい迷惑だ。疲れてるからとか、夜寝てないから寝させてくれとも言ってくる、だったら家で寝てくれである。

施設の別途は、急病のための別途であって眠いから寝させるためではない

ディサービスは、我儘な高齢者の坩堝である。

俺は高齢者だ、私は障碍者だ、私は病気だと何か特権でもあるように振る舞うのです。

健常者等や税や行政の庇護を受けて、この傲慢さはあきれるばかりである

元気な高齢者が神々しく見えてくるのです。

にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへにほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください