年一回の内視鏡検査

年一回の内視鏡検査今年も内視鏡検査の時期になり、早々に検査をしました。今回は手術から5年目で胃カメラに合わせて大腸検査も、大腸は手術後2年は毎年で、その後は2年に一度の検査です。

内視鏡の検査がこの時期(コロナ騒動)になって不安もありましたが、癌化や再発のほうが心配で予定どおり検査しました。

予約のための受信、そして検査へと、来月に検査結果がわかります。

やはりコロナのせいでしょうか、大きな病院ですがいつもより、人は少ない感じでした。

検査は前日から準備が始まり、検査前日は、食事が繊維質や消化の悪いものは禁止された検査職です。食事も夜9時まで、あとは水かスポーツドリンクのみ

寝る前に排便を促す薬だろうセンナリドを3錠飲む

朝は6時に起きて準備

7時前から腸内洗浄薬(モビプレップ)を約1リットルを1時間から1時間半かけて飲みます。そのためトイレには何度も出入りし9時過ぎにやっと落ち着きました。腸内洗浄薬を飲み終わった後は、腸内のガスや胃の泡立ちを鎮める薬ガス婚を服用、検査は1時半からなので、何も食べられずどこへも行けずで退屈

午後1時半に検査室へ移動して、バイタル(血圧と体温、血中酸素濃度)測定し検査着に着替えて点滴を付けられる。

午後2時に検査台へ移動し検査の説明を受け、鎮痛剤を投与され、意識混沌、検査終了間際に少し意識が覚醒

検査終了後に1時間程度安静

午後3時過ぎにやっと着替えて検査室を出る。

検査室受付でこの後の注意事項や支払い検査結果の日程などの説明を受けた。

夕食がこんなに楽しみなことは久ぶりです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください