白内障手術延期

白内障手術延期

新型コロナの影響で、不要不急の手術は延期との厚生省のお達しが影響し、予定していた白内障の手術が受けられないでいました。

通っていた眼科で手術を考えていたのですが、8年も通っていた眼科なのですが、運悪く今年の3月で白内障の手術は、やめたそうで、手術の場合は、病院への紹介状を書いていただくのですが、これがコロナで延期でした。

当初は5月を考えていましたが、職場のスタッフの退職が重なり、休みが取れない状況が長引いていました。

やっと今週最後の1人が退職し、新しいスタッフでのスタートが切れたので、年寄パートの私は気兼ねなく休めるだろうと、手術を決めました。

現在の容態は、右目の視力が極端に悪化し、バランスが悪く、不便を感じてます。

左目が日によって1.0~0.8程度で右目が、0.6~0.3です。右目の霞と2重に見える状態がつらくなっています。とくに夜間のライトは眩しくにじみます。

かかりつけの眼科の診察で、右目の白内障はそれほど重くないが、近視が出ているとの事でした、白内障から来るもので、遠近の調整ができなくなって禁止状態で固まっているようです。

とりあえず、紹介状を書いていただいたので、病院受診です。紹介いただいた病院は、大腸ESDの内視鏡手術を受けました病院で、以後毎年、内視鏡検査を受けているので安心です。

一応予定は片目だけの日帰り手術の予定です。ただかかりつけの先生には、病院の検査で、変更もありうると脅かされました。

白内障の場合は、一応両眼行うのが基本だそうです。一度に行うのではなく、間隔をあけ、行うようです。

とりあえず、手術再開でよかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください