燃費の悪い運転

送迎ドライバー 介護

久しぶりに、以前乗っていた車で送迎する機会があった。

半年以上前になるが自分が専用で使っていた車だが、久しぶりの乗ると勝手が違う

結構扱いが雑で、傷やへこみが多い、ドアの不具合も有る。

ガソリンがないので給油したら、前回の給油からの走行距離を見ると、燃費が最悪になってる

たしかに神戸は坂ばかりだし、介護送迎は近距離ばかりを走り泊りの繰り返しと住宅街をノロノロとはしり燃費は伸びないが、自分の時と比べると明らかに短い

平均燃費は4km/ℓ程度だが4kmを切っている、満タンで約20km近く違ってる

同じルートを走っても、所要時間が私より時間がかかってる

いったいどんな運転なんだろう

不思議に思う、

介護送迎の運転には、そんなに大差ないと思っていたので、驚きである

前の担当が8時45分出発で9時50分着だったコースを私は出発は同じで9時40分着で帰ってきてる

気になって聞いてみると、それぞれこだわりがあるようだ、どの道を走るとか、アクセルやブレーキの使い方が非経済的、

ガソリン代を自分が出すわけじゃないので、アクセルをふかし減速にブレーキを使う

私は、惰性をよく使う

アクセルは制限速を超える程度まで踏みしばらく惰性で走り少しずつアクセルを触る程度で速度を維持する。

減速は基本的にアクセルを離すだけで、十分に距離を取るからブレーキを踏みこむ事は無い、踏み込みは停止時のみである。

ドアの開け閉めも、バタンと勢いは厳禁で、閉まる直前で止め最後の締め込みだけ力を入れる

自動車を大事にする事と乗っている人を大事にするのは同じ事だろう

加速も減速も急が付けば乗っている人は、前に後ろに揺らされ、早い速度での右左折は体が左右に揺らされる。

ドアを強く閉めれば音が大きくうるさい、びっくりする

二種免許を持ってようが大型免許持ってようが、運転技術とは別物のようである

さてさて

今週は元に戻ってのコースと車両である

わが道を行く送迎ドライバーである

送迎ドライバー

コメント

タイトルとURLをコピーしました