又々緊急事態宣言や蔓延防止法

全く改善が見られない政府やお役人のコロナ感染対策

ワクチンの効果で高齢者の感染者が減っているっと言いワクチンの効果だと政府の偉い人が言うが、本当にそうだろうか?

実は高齢者は、外出を控えて予防対策をまじめに行なっているから必ずしもワクチンのせいとは思えない、何故ならワクチン接種を2回済んでも感染した人がいる。

感染者が増えているのは、屋外で活動する現役時代と、モラル意識の低い若者や学生達であると思われる。

高齢者の多くは外出を必要最小限にしてるから感染する機会が減っただけだろうと思う。

もちろんワクチンの効果もあるだろうが

現在自粛を守らない人たちは今後どんな対策を行っても、守ることは無いだろう、彼らは自分が感染し入院もできず苦しむか後遺症に悩まされない限り、自覚しないだろう。

ワクチンにも懐疑的でありワクチン接種率にも影響がある。

また自粛に応じないで営業を続けるアルコールを提供しぼろ儲けしている飲食店がある限り、自粛は守られんし、コロナがテイクアウトされている

感染者が出た飲食店や事業所の公表をしない限り蔓延は収束しないと思う。

政府は予防のためのワクチンに必死になってるが、治療薬には言及されない、もし有効な治療薬が有れば、怖がる必要もなくなるのだが、一向にその様な話が出ない。

政治家も官僚も守るワクチンだけで治療薬での攻撃を考えないでまるで籠城作戦だけの守りに終始してるとしか思えない。

こんな政治家を選んだ事を悔やむしか無い

コメント

タイトルとURLをコピーしました