高齢になると寒がりになる理由

介護

新陳代謝の低下に伴ってエネルギーの産生も低下するため、体温の低下をきたすのが一般的です。

高齢者では発汗が少なく、暑いという感覚が鈍くなっている

生理的には甲状腺ホルモンの分泌は若年者の約60%に減少することがこの寒がりを生ずる大きな要因と考えられます。甲状腺ホルモンは代謝促進、熱の産生を促進するので、この低下が体温の低下や寒がりにつながるのです。

体の 中で一番熱をつくっているのは筋肉なのですが、その筋肉で発生した熱は、血液によって全身から心臓に運 ばれます。温かい血 液は全身に送り出され、皮膚に向かい ます。皮膚は空気と接しているので、最も熱が逃げや すく、ここで放熱します。

しかし老化による筋肉の減少で熱の発生が低下して体温も低下しています。

厚着をする

お風呂が緩く感じる

冷房を嫌う

ディサービス送迎車、運転前はサウナの如し、利用者乗車時に適温だが寒いと文句を言う高齢者、熱中症と隣り合わせのディサービスの送迎

コメント

タイトルとURLをコピーしました