高齢に成ったら考えよう

  1. 体力や健康の衰えに対応することを考えよう
    思ってるほど体力はありません、体力の低下にあった行動に注意しましょう。無理な運動やレジャーは禁物です。何ができないか適正な時間や負荷を自覚しましょう
    若くないことを自覚しよう
  2. 引退と収入の減少に適応するように考えよう
    確実に収入は減っています。退職金や預貯金があっても確実に減っていきます。家計を見直し不要なものは整理しましょう。生命保険や自家用者の見直し電話やインターネット
    少しでも働けるなら働きましょう、収入もできるし健康にも社会性にも良いです。
    働けないなら、断捨離をしましょう
  3. 配偶者の死に備えよう
    いずれ自分か配偶者も人生の終わりを迎えます。その時に一人で暮らすのか子供と同居するのか、一人いなら自身の死後のことを考えていましょう、ペットがいればあなたの死後どうなりますか?終活は重要な課題です。電話や口座や会員登録してるもの等、残された人がわかるようにすることと、今のうちに整理できるものは解約しましょう(口座や保険は一つにまとめる、電話も固定かスマホか一つに、会員登録の解約をポイントや電子マネーも整理を)
    残った人に迷惑をかけない事が大事」、子供、孫、知人、
  4. 同年代の人々と親密な関係を築こう
    配偶者の死や独身の場合、定年後社会活動から疎遠になりTV等の情報しかなくなり若い情報に臆して年齢にあった話題から疎遠になってしまいます。自分から家から出かけて声掛けに努力、挨拶だけでもいいのです。共通の話題を持ちましょう
  5. 社会的、市民的義務を果たそう
    地域の活動に顔を出せば同年代の人とのつながりもできます。ボランティアに参加するのもいいでしょう、参加しなくてもその場に行くだけでも変わります
    あなたの存在を多くの人に知ってもらいましょう
  6. 身体的に満足できる生活環境を確立しよう
    生活圏に必要な環境があるか見直しましょう、金融機関、役所、病院、理美容、スーパまた、それらを利用するのに移動手段は安全か?徒歩で大丈夫か距離や坂道危険な場所はないか、差大きな道路で信号で渡り切れる時間があるか等、また不安な時に支援してくれる人や場所があるのかも重要です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました