年始年末もディ利用

お風呂介助 介護

ディケア、ディサービスの多くは休日も利用、お盆もない、年始年末も当然のように年末と正月だけ休みも多い

せっかくの年始年末を家族でと思うのは健康な人の考え、入院中でも一時退院するのに介護は、年始年末は施設でと思う家族が多い

気持ちはわかるが、当然介護職休めないのである。

年始年末は介護から解放してくれと思う家族と同じように介護所樹も思う

ディを休まれる利用者も少しはいるが、それは軽度の介護度の人であって、さほど介護が必要がない人達だ。

年末最後はお風呂に入れてくれと普段利用の無い曜日に割り込んで来る。

逆に年始に割り込む利用者もいて、出勤者も少ない中でドタバタである。

意外と年始年末に介護の修羅場を見る機会が多い

コメント

タイトルとURLをコピーしました