リハビリはしたくない

リハビリはしたくない

でも家族はリハビリしてほしい

病気や事故で入院すると体力が落ちて歩くのも困難になったりするまた病気の影響が出て手足の動きに支障が出ることもある、そんな人たちが施設のリハビリに通うのは家族様が介護に手がかかるので施設で介護を受けながらリハビリをして家で介助がなくても普通に生活できるようになってほしいと思うのです、しかし本人は辛いリハビリはしたくない、家でゆっくりしていたい、介助は家族でと思ってる

この家族と本人の意識の差が介護を困難させます、ケアマネジャーは何方かと言えば家族の意向を多く取り入れる本人の意に沿わないケアプランを作成します、この事からケアプランが有効には機能せず無駄に介護保険が消費されるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました