ふるさと納税限度額を超える

寄付した金額から自己負担額2000円分を除いた部分が所得税や住民税から引かれるという制度です。
控除される金額は収入に応じて上限額が設定されている
原則、全額自己負担となります問題なく上限額までは所得税や住民税から控除されます。
もし控除限度額を超えて寄附をしてしまった場合でも、寄附金控除と呼ばれる制度を利用できるため全額負担になるわけではありません。

寄附金控除とは、特定の団体に個人が寄附をした場合に適用される制度です。限度額を超えた分はふるさと納税の対象から外れてしまいますが、寄附金控除は適用されるので、できるだけ自己負担額を減らしたい場合はワンストップ特例ではなく確定申告を利用しましょう。

ふるさと納税

ふるさと納税

コメント

タイトルとURLをコピーしました