介護施設は人手不足です

ディサービスの運転手が足りません、

灘区の施設です。

添乗する介護士も不足してます。

無資格でも大丈夫です。

だれも最初は素人です。

謙虚さがあり素直に指導を受ける態度があれば直ぐに打ち解けます。

週数日でも有難いです。

土曜や祝日に出勤できる方大歓迎です。

運転手は、朝夕だけ月数万円のお小遣い稼ぎができます。

無資格介護士の時給は、1100円です。

勤務時間は、8:45~17:15 休憩1時間含んでます。

運転手は、①8:30~10:00 ②15:30~17:00

①②ともに1500円 両方で3000円です

仲間が欲しいです。

特別給付金入金

5月18日にオンライン申請し、6月3日に入金しました。

オンラインは早いですね、それにオンライン申請のトラブルの前に申請したので良かったのでしょう。

確かに、わかりずらいシステムでした。ニュースでは何度でも申請できるとありましたが、確かに重複申請のチェックはありません。また世帯主が申請しますが、世帯主以外が世帯主にチェックして申請も可能で、すべてが、該当の自治体へデータが送信された後に自治体側でチェックするシステムなので、オンライン申請システム自体のチェックはありません、まるで素人の作ったしシステムですね。

内視鏡定期検診と白内障手術の予定

大腸と胃の内視鏡検査の結果を本日通院で説明を受けました。

五年前の大腸腫瘍ステージ01、上皮から筋肉層にかかる程度でリンパ節まで届いてないレベル、現在再発なしで安心しました。大腸は今後1年おきの検査になりした。

胃の方はピロリ菌駆除でもマイ年検査を指示されました。ピロリ菌駆除後も癌化は有るとの事です。

とりあえず年1回の検査が終わりました。

夕方には眼科へ、白内障の手術の為、手術を実施してる病院への紹介状をもらいに行ったのですが、コロナ騒動の中、急ぎの手術以外は中止との事で、紹介が保留になりました。私の白内障手術は、コロナが収束しないと受けられない様です。

コロナの影響

白内障が進んできた、左目だけだがぼやける、夜間のヘッドライトがまぶしい

かかりつけの眼科では、今年から白内障の手術が行わない様になっていた。先生から、手術の時は紹介状を書くとの事だったので、今日お願いに行ったら、紹介先の病院から当分の間不要不急の手術が中止になったとの通知、緊急性の高いものだけ実施との事で、今月末までとりあえず中止です。

緊急事態が解除されないと無理なようである。

私の場合は、多少不便だが、見えないわけじゃないので、延期されてしまった。

今月待つごろ再度確認に行くことになった。

ベテラン社員のT女子が退職までにと思ったが、やめた後に手術で休むことになりそうで不安である。非常勤の私がなんでここまで新派視しなけりゃいけないのだろうと思う。

とりあえず偏光眼鏡を要しておくことにした。

年一回の内視鏡検査

今年も内視鏡検査の時期になり、早々に検査をしました。今回は手術から5年目で胃カメラに合わせて大腸検査も、大腸は手術後2年は毎年で、その後は2年に一度の検査です。

内視鏡の検査がこの時期(コロナ騒動)になって不安もありましたが、癌化や再発のほうが心配で予定どおり検査しました。

予約のための受信、そして検査へと、来月に検査結果がわかります。

やはりコロナのせいでしょうか、大きな病院ですがいつもより、人は少ない感じでした。

検査は前日から準備が始まり、検査前日は、食事が繊維質や消化の悪いものは禁止された検査職です。食事も夜9時まで、あとは水かスポーツドリンクのみ

寝る前に排便を促す薬だろうセンナリドを3錠飲む

朝は6時に起きて準備

7時前から腸内洗浄薬(モビプレップ)を約1リットルを1時間から1時間半かけて飲みます。そのためトイレには何度も出入りし9時過ぎにやっと落ち着きました。腸内洗浄薬を飲み終わった後は、腸内のガスや胃の泡立ちを鎮める薬ガス婚を服用、検査は1時半からなので、何も食べられずどこへも行けずで退屈

午後1時半に検査室へ移動して、バイタル(血圧と体温、血中酸素濃度)測定し検査着に着替えて点滴を付けられる。

午後2時に検査台へ移動し検査の説明を受け、鎮痛剤を投与され、意識混沌、検査終了間際に少し意識が覚醒

検査終了後に1時間程度安静

午後3時過ぎにやっと着替えて検査室を出る。

検査室受付でこの後の注意事項や支払い検査結果の日程などの説明を受けた。

夕食がこんなに楽しみなことは久ぶりです。