健康寿命を考える

健康寿命ってどういう事

日本の寿命がどんどん伸びています。

しかし、ニュースに事欠かない介護問題では、運動障害、脳血管障害、認知症の人口も多くなっています。

いったいどれだけの人が、健康で天寿を全うできるのだろう?

介護を受ける人の25%が運動系の障害です。ヘルニアや脊髄、腰、膝の障害などです。同じ運動障害でも脳血管障害、つまり脳梗塞などの影響で半身不随などになってしまった人、これが19%
そして介護で言われる認知症は16%

この統計から見れば、認知症や脳梗塞対策より、運動が大事なことがわかります。

寿命は男性で80歳、女性で86歳、健康寿命は男性71歳、女性74歳、10年近くがなんらかの障害で介護が必要な時期を過ごすことになります。

健康で天寿を全うできる人は、42人に一人と言われています。約2.4%です。97%の人は何らかの病や障害で死を迎えることになります。

ただこの数値は、0歳児を基準とした予想です。65歳以上の人の統計は当然変わってしかるべきです。

あまり悲観する事は無いとおもいます。
なぜなら、60歳代で健康な人は、平均寿命の75%を健康でこられたのですから。

傍にいるキレる高齢者

今朝大石駅近くの理髪店に行き、帰りに、神戸市灘区区役所の西側にある「鳴門鯛焼本舗」で鯛焼を買おうとレジで並んで注文をしていると、お店の脇のショーケース側から自転車で乗り付けた高齢女性が自転車を支えたまま、店員に注文を言った。

店員は、丁寧に「ハイ解りました。レジがこちらですのでこちらでお待ちください」と言うと

高齢女性が、「もういい」と怒った口調で立ち去ってしまった。?

どうもレジに並ぶのが嫌で、横から注文を言ったみたいですね。それをいさめられたと思ったのか、キレた感じで強い口調で「もういい」と去ってゆく?

並んでいた人たちが、何なんだろうと、去ってゆく老婆を見てた。

私にも理解に苦しむ、言動です。

並ぶのが嫌、自分の意志が通らないと怒る、

そういえば、我が女房も意見が食い違うと「もう言わない」と機嫌を底ねる

なにか心配になります。

 

年金が減額された

在職老齢年金が減額されてしまった。

パートを週4日にして月によって17日以上の出勤になると、パート代と公的年金の合計が限度額28万円を超えてしまい、超えた金額の二分の1が減額されます。結果的には、収入は多いのだが釈然としません。

パート代には通勤費や手当も含まれるので、油断しました。

一度改定されると、最長で1年間変更されないので大損です。

国というのは、国民から金を巻き上げることにっ必死ですが、支払う事には、無関心で申請しても本当にお役所仕事です。

申請や手続きをしないと、放置されます。

年金からは、無条件で本人の承諾なしに税金も国保も天引きし、勝手に支給額も減らす、やくざと変わらない仕業です

65歳までが限度額28万円で65歳からは46万円(以前は47万円)になるので全く気にすることはなくなります。

そんなにもらえませんから

気を付けよう

政治家と公務員

年金と保険料

 

電子申告で確定申告終了

今年も確定申告を電子申告で済ませました。

1月16日から準備開始で、年末までの保険の支払い証明や1月に入って届く年金関係の源泉徴収票、今年はパート先からの源泉徴収を待って申告でした。

この時期だとオンラインでもスムースにできます。この時期は土日でも夜中でも出来て便利です。

ただし申告に使った各種書類を封筒に入れ何年分と記入して保管するのが不便ですね。

すでに5年分が溜まってます。保管期限は5年間なので現在が保管の最大量です。

今日最後の国民健康保険の納付額のお知らせが届きすべての資料が揃ったので、事前に入力を済ませていたデータを呼び込み国民健康保険の年間払込額を入力し完了させました。今年も還付です。

年金やパート代から差し引かれた税金と投資信託の税金がほとんど返ってきます。

各種入力原票
・厚生年金源泉徴収票(会社員)
・共済年金源泉徴収票(国家公務員)
・企業年金源泉徴収票(厚生年金プラスα分)
・年金払い傷害保険支払い報告書(年金付傷害保険)
・パート給与の源泉徴収票
・特定口座年間取引報告書(投資信託)
・地震保険(住宅火災保険付随)
・共済掛金払込証明書(生命保険・医療保険)
・国民健康保険料の年間納付済額のお知らせ(国保)
・医療費控除の集計(治療・薬代・通医院交通費)
 医療費控除は、総所得金額等が200万未満ならその5%を超える金額が控除できますよ、10万を超えないとダメと思ってる人は、総所得金額等が200万以上の場合です。
e-TAX
e-TAX
送信準備画面
送信準備画面

 

受付完了確認
受付完了確認

去年からパートを始めたので、来年は還付になるか心配です。その分国保から協会健保に代わって負担が少なくなってます。

さらに厚生年金を僅かですが払ってます。将来微々たるものですが年金が増える予定です。

 

地元で働くと言う事

今日は久しぶりに、大石まで一駅歩き、散髪しに行ってきました。

いつもは、1080円の六甲道駅のQBですが、大石は、上の写真の「ヘアーズ・カインド」というお店です。

帰りにナダシンの本店で大福でも買って帰ろうと2号線を東に向かってると前方からくる車がクラクションを鳴らしてる、見ると助手席の窓を開けこちらに何か言ってる人が、仕事の送迎ドライバー仲間です。

私は今日は休みですが、彼は朝の送迎が終わり帰るところのようでした。

地元で働くと、こうして時折街中で出会いう事もまたは利用者さんとも会う事もあります。

先日は、利用者さんを送り届けて職場に帰る途中で学校帰りの孫の遭遇し、丁度信号で停車したので、窓を開けて呼び掛けると気が付きびっくりした顔で手を小さく振ってました。

地元で働くと言うことは、日々の生活の中で家族・同僚・知人に出会うことも多々あり、田舎暮らしや昔の下町暮らしと似たものを感じます。

帰り道の2号線のお餅のナダシン本店では、お好みセットを購入しました。

ナダシンは六甲道の本店、東灘区の甲南店、阪急六甲にもあります。

ナダシン 本店
ナダシン本店 灘区下河原通 3-1-8  阪神大石駅から2号線を東へ
ナダシン甲南
ナダシン甲南
東灘区甲南町3-1-28
2号線田中交差点南に下る
ナダシン 阪急六甲
ナダシン 阪急六甲
灘区八幡町2-10-4  八幡神社裏 阪急六甲南側