オデッセイRC1バッテリー交換

先月のタイヤ交換に続いて、今度はバッテリー交換です。

タイヤ交換後、孫たちと河内長野のサイクルスポーツセンターへ行ったのですが、途中でアイドリングストップしないことの気が付いた。

エラー表示は無い、エンジンの始動も特に問題を感じない、気温は涼しくなったが温度差が影響するほどの事では無い、気になるのは2月の点検時にバッテリーが弱っているとの事を聞いていた。

購入後4年だからバッテリーの保証期間は過ぎている、バッテリーがお釈迦になっても仕方がない時期に来てる。

しかし、HONDAのマイディーラではバッテリー代が4万円と聞いていた。オデッセイ専用のHONDA純正バッテリーだ、ネットで調べると古川電工のQ85らしい

あいにく本日水曜日がディラーが休み・・・・

そこで徒歩圏内のイエローハットと電装品購入のスーパオートバクスで検討

値段を調べるとイエローハットでもオートバックスでも同じバッテリーは無いようで、イエローハットでは、カオス N-Q90/A2 37,840円 店頭価格
工賃無料

オートバックス Q85 115D23L 36 店頭価格で 38,400円
工賃 540円

ネット価格はもっと安く交換を自分でやり急がないのなら、2万円以下でも購入できるお店もありました。

しかし、最近の車は電子制御がいっぱい、下手するとディーラにお世話にならないといけなくなる可能性も捨てきれず。

タイヤ交換でポイントもたまってるイエローハットでカーバッテリー寿命判定ユニット付きで交換しました。
全て込々で 38,180円 でした。

補助電源での作業をして頂き見たところ電子回路システムには問題はないようでオーディオも走行記録、ナビもリセットしていませんでした。

ただしアイドリングストップは、動かないままでこれは、ネット情報により自分でリセットです。

オデッセイrc1のバッテリー交換方法|
アイドリングストップのリセット電装品の電源をOFFにしたまま、アイドリングストップのリセットを行ってください。

これをしないと、アイドリングストップ機能しません

まず、エンジン停止の状態からバッテリーのマイナス端子近くにある黒いコネクターを、一度抜いてから差し直します。

1.ブレーキを踏まずに、エンジンスタートボタンを1回押します。

2.もう1回、ブレーキを踏まずにエンジンスタートボタンを1回押します。

3.ピーピーという警告音が鳴り終わるまで待ちます。

4.ブレーキを踏んで、エンジンスタートボタンを押し、エンジンを始動させます。

5.約1分後にエンジンを停止させます。

1から5までをあと4回繰り返します。

これでリセットされます。
参考HP https://carinfo.click/odyssey/rc1-batteryexchangemethod#rc1-5

この方法で、リセットできてます。この後に近所を一回りしましたが、以前よりアイドリングストップする

商品はタイミングが早くい感じがしました。

Panasonic (パナソニック) 国産車バッテリー カオス アイドリングストップ車 + 標準車対応 N-Q90/A2 16,550~

Panasonic ( パナソニック ) カーバッテリー寿命判定ユニット LifeWINK [ ライフ・ウィンク ] N-LW/P5  1,582~

タイヤが良いのか新しから良いのか?

2週間前に愛車のタイヤを交換しました。

新しいタイヤでの走行は、近所を走る分には変化は解らないのですが、交換後はじめて、大阪府河内長野市まで遠出して気が付いたのは、高速の走行より一般道での静粛性を感じる事ができます。

低燃費については、もう少し走ってみないとわかりません、河内長野までは高速走行が多いので燃費は必然と良くなっています。

ウェット走行性能は、最近の台風や雨の日の走行では、良くなったことが解ります、グリップ感は、高速時にカーブなどで今までのタイヤとの差を感じました。

私としてのメリットは、オデッセイの走行音振動と路面の突き上げでしたが、かなり改善されました。走行時の静粛性は大幅に改善されています。

まるで自動車そのものが変わったみたいです。

先週に燃料を満タンにしたので、燃費が楽しみです。もともとハイブリッドでないので燃費は良くありません。

現在のところ六甲山越への灘区ー岡場の燃費はタイヤ交換前と大差ないです。ただし山道の走行感はかなり良くなっています。

ホンダ オデッセイ(ODYSSEY)アブソルート
215/55R17 94V  YOKOHAMA BluEarth RV-02へ交換

 

 

急遽オデッセイRC1 タイヤ交換

年初の一年点検で、タイヤにヒビ割れなどが出ているとの警告を言われていたのですが、本日ガレージから出庫しタイヤを見てみると、ひび割れと、数箇所の割れも発見、屋外駐車であまざらし、タイヤのワックスなどした事もなく、小さなひび割れは沢山出てました。溝はまだ深刻ではなく十分な余裕があったのですが、さすがに一部の割れでワイヤーが見えていたのには、恐怖でした。

急遽近くのイエローハットでタイヤ交換、高級品が買えないので、土日奉仕品を値切って交換しました。値切れない部分は防錆と窒素充填をサービス

タイヤ代、古いタイヤの破棄、工賃、エアバルブ、防錆加工、窒素ガス充填(気持ちの問題)

ホンダのディラーでのタイヤの交換の値段が大凡14万円だったので10万以下を目標に交渉しました。ホンダのディラーでも安いものがあるのですが、タイヤそのものは定価で工賃が値引き対象でした。

イエローハットでは土日祝日奉仕品でこの商品が出ており、端数値引きと防錆と効果は不明な窒素充填をおまけでつけてこの値段です。

総費用 85,000円です。

ミニバン用の低燃費仕様です。

メーカーの商品ページ

ブルーアースRV-02
ミニバン/SUVに求められる性能はもちろん、低燃費性能とウェット性能を両立したミニバン/SUV専用タイヤ

ヨコハマ(YOKOHAMA) 低燃費タイヤ BluEarth RV-02 215/55R17 94V

センターコンソールBOXを改造しました。

HONDA オデッセイ RC1の追加したセンターコンソールBOXを改造しました。

元商品はシーエー産商(CA-SANSHO) コンソールボックス スマートコンソールBOX A-304

オデッセイRC1にはピッタリなんですが、既存のコンソールからボトルホルダーを引き出すと結構邪魔になります。そのスペースを開ける若干セカンドシート側に飛び出るのかっこよくない。邪魔になるほっどではないですが、そこで

少し小さなものに変えていました。メロディーアームレスト A-170

双方を分解しA-170のひじ掛け風扉を、A-304のスライドトレーの前半分に取り付けました。

A-304のドリンクホルダー部分を取り外し、A-170のドリンクホルダー部分をサイズを合わせてカットし、kA-304ドリンクホルダー下のBOX部分に取り付けてみました。

出来上がった姿がこれです。

 

コンソールBOX
A-170のドリンクホルダーをA-304の取り外したドリンクホルダーの下に取り付け
A-170のドリンクホルダーをA-304の取り外したドリンクホルダーの下に取り付け
A-170のひじ掛け風扉をA-304のスライドトレーに取り付け
A-170のひじ掛け風扉をA-304のスライドトレーに取り付け

改造が終わったので今度取り付けてみます

RC1オデッセイ初回車検

3年目車検の為ディラーへ

先ずは手付金として、諸経費を納付

オデッセイRC1 アブソルート 8人乗り 2014年2月
諸経費は、重量税¥10,000円(50%軽減) 自賠責¥27,840円(24か月)
印紙代¥1,100円(ディーラ代行)

合計 ¥38,940円

車検整備費 38,640円おまかせチャオ充当

参考:車検費用相場オデッセイRC1 アブソルート 8人乗り 2014年2月

交換 OIL ブレーキOIL  OILフイルター ドレンプラグ 2,019円
クーラント 2,592円
ワイパーブレード 3個 972+756+648=2,376円

交換品合計 6,987円
技術料 20,466円
合計  27,453円(おまかせチャオ別:66,093円)

諸経費+整備費=66,393円(おまかせチャオ別:105,033円)

エンジンオイル交換はmかせてチャオに含まれて前払いしてるので新たに費用はないですが、ワイパーブレードはやはり交換になりますね。とくに青空駐車なので痛みも早いです。

あと追加がいくらされるかが心配である
あと次回車検までの「まかせてチャオ」の料金が7~8万ぐらいかな?
一応、検査整備費やオイル料金の前払いなので途中で廃車すれば手数料10%で残りが返金されるとの説明10%の手数料はちょっとアコギと思うが、車の買い替えは次の車のまかせてチャオに充当され利用だが、買い替えの可能性は限りなく低い

最近では乗り潰すにも維持費が家計に厳しくなってきた。

廃車かな・・・・

さて、車検で預けるのは、2日間、その案はFITを借りた、よく走る車です。オデッセイはパーキングブレーキがフットパーキングなのにFITはサイドレバー戸惑う。

しかし自宅までの運転は快適でした。音も静かでオデッセイと違ってタイヤ音がしずかである。

点検後車を引き取りついでに査定をしたら、190万だそうです。


スマートキーの電池交換(オデッセイRC1)

オデッセイRC1のスマートキーのバッテリー警告が表示されたので、電池交換をしました。

警告はコンソールパネルのインフメーションエリアの一番下に表示されます。

最初の警告は、ドアを開けると警告音が鳴ります。

この段階ではエンジンも通常通り始動し運転には問題はありません。直ぐには使用不能にはなりませんが早めに電池交換をお勧めします。

スライドスイッチを動かし内蔵キーを抜きます

内蔵キー抜き取り

抜き取った後の上面から見て中央部の隙間に十円玉などのコインに布などを巻いて保護しながらねじるとカバーが外れます。

カバーを慎重に外し電池を交換します。カバーは慎重にしないとボタンなどの小さな部品が外れたりして面倒になるのでくれぐれも慎重に

交換後は、カバーを合わせて両方から押し付けて元に戻します。

電池の規格は私のオデッセイRC1の場合は、CR2032 です。コンビニなどでも購入できます。おいていないお店もあるのでご注意

購入後2年10か月の寿命でしたが、使用や保管場所によって寿命が変わるようです。

特に電子機器の傍に長時間保管したりすると寿命が短くなるようでした。以前のマツダのキーレスエントリーでは3年以上交換しませんでした。

今回は、購入後2年9か月の時にスマートキーと携帯ラジオをキーと同じ引き出しに入れて2週間で警告になりました。

家電製品や電磁波の発生する機器の傍に保管しないでくださいの情報がありました。残念ながらホンダのマニュアルではなく他社のマニュアルです。少なくとも1mい所は成してくださいとあります。

TV、ラジオ、携帯電話、スマホ、Pad、Pod、コードレスフォン、充電器

特に最近ではスマホと一緒に鞄に入れたりポケットに入れる、机やコンソールに一緒におくと電池の消耗が早くなるそうです。

メインキーの電池交換したら早めにスペアも交換しておきましょう。使用していなくても同じように電池消耗しています。

 

オデッセイRC1用走行中テレビ・DVDが見れるテレビキット/TVキット

納車と同時にAmazonで購入したまま机の引き出しにし入れたままだったオデッセイ【H25.11~】用走行中テレビ・DVDが見れるテレビキット/TVキットを取り付けてみました。その前にオートバックスでエーモン 1498 パネルはがしを購入し駐車場で取り付け、ものの15分程度で完了でした。

面倒なのはナビ下面のボルト2本を外したあと本体を引っ張り出すのに苦労します。下側がすぐに浮くのだけど上側が外れてくれません、上側にパネル外しをするとダッシュボード変形する恐れがありますので無理せず、手前に引き出す感じでエイヤーとやりました。

後は添付図面の示す通り本体裏側からみてした中央のコードに取り付ければ終わりです。

オデッセイRC1の収納

多くのRC1オーナが嘆いているようにオデッセイRC1の収納は少ないのです。これはオデッセイに限らずミニバン共通の問題で、3列座席やウォークスルー等の構造上収納は助手席のグローブボックスとドアポケット、トランクとなり各席ではドアポケットだけが収納ですがほとんどがドリンクホルダーとマガジンラック程度です。

では多くの人は収納にどのような機能を求めているのでしょうか、みんカラなどを除いてみるとあまり具体的な投稿はないのですが、多いのはCDやDVDのようです。またスマホなどの置場、ドリンクホルダーです。

しかし考えてみると、ドリンクホルダーは標準でついている、スマホの置場もリフトアップコンソールで用が足りる。CDやDVDなのか?

センターコンソールボックス
センターコンソールボックス

続きを読む

新型オデッセイRC1 カラーエンブレム

オデッセイRC1用のエンブレムはまだ見当たらにので、他で流用しました。

リアは、他車種用でピッタリでした。

オデッセイRC1 リアエンブレム
オデッセイRC1 リアエンブレム

フロントエンブレムは、貼り付け位置が奥まっているのでサイズも若干修正が必要でした。また貼り付け面が平面ではなくストライプ状なのでサイズ調整は少し大きめで押し込む感じで調整しました。 続きを読む