シルバ人材

介護

ディサービスの送迎の弊害

ディサービス等多くの介護施設では、利用者の送迎を行っています。毎月の利用日数に応じて、施設に給付金が支払われる仕組みになっているためです。利用者さんに来てもらわないと収入が減るため、利用促進策として送迎を行なうのです。 利用者にとっては、...
介護

感謝の声かけ

4月から週3で働いてる介護施設でのお話し 老健施設のディケア部門なのですが、介護士の方は比較的若い方がいます。 パートが多い職場ですが、正社員の方は介護福祉士の資格を持つ若い方ですが、その対応に感動しています。 何か仕事をするたびに、...
介護

高齢者の体感温度

高齢者の体感温度季節になると、熱中症が話題になる。 特に高齢者の熱中症による死亡事故が話題になる。 また学校等での運動授業やクラブでの事故も多く教育現場でも指導者の学習能力の無さと危機管理に欠如には呆れるばかりだ。 介護の世界に目を向け...
介護

福祉ドライバーの運転

福祉送迎車の事故のニュースを見ると、他人事ではないと思う。 ほとんどが出会い頭衝突である、しかし、送迎車の乗客は高齢者で身体の不自由な人が多く、衝突は勿論であるが急ブレーキや急ハンドルでも、身体への影響は大きいものです。 定年後の職探しで...
介護

もう定年は無い

今年の四月からパートではあるが働き始めた。 当然だがパートなので一年毎の更新で定年などは無い、一応勤め先の規定では60歳定年で65歳まで延長ありとある。パートには特に規定はないが一年毎に延長かどうか決められる。 パートの場合はあとは体力...
介護

介護の世界を覗き見て

介護の仕事に就いて2か月が経った。 自身の親の介護をした経験はあるが、施設側に立って介護される人を見るのは初めてである。当然ですが、利用する側と利用される側では随分と違うものだと思う。 老健と特養の違いも解った。 頑張ればできるのに車...
介護

通所サービスディサービスもディケアも楽しいものではない

高齢者が、ディサービスに行くのを嫌がるという話を聞きます。 確かに、楽しいところでは無い気がする。 リハビリとお風呂以外は、塗り絵をしたりお遊戯のような体操ばかり 痴呆がない身体の不自由だけの人にとって苦痛な時間のようだ 目が悪く塗...
介護

会社人間の末路?

介護施設の利用者様の在り様を日々見ていると、哀れな会社人間、仕事人間の末路を見る事になる。 施設に到着するや否や、昔の職場に電話して、元職場の人を困らせている、しばらく椅子に座りのんびりしたと思うと、いきなり椅子から立ち上がり、仕事に行っ...
定年・年金生活

定年後に働くなら64歳までに就職を

定年後しばらくのんびりとしよう!なんて考えていませんか? 多くの人が退職金をもらい、企業年金や確定拠出年金などで、一時所得や当分の収入が見えて、余裕の気分になっています。さらに失業保険で5か月程度は失業給付が受けられます。すくなくともこの...
定年・年金生活

定年と言う事・とにかく気楽に働こう

最近こんな記事を見つけました。 「定年ってのは線路の果ての『終着駅』みたいに思っていましたが、いざ、そばに来てみると終着駅じゃなくて『乗り換え駅』なんですね。 確かにそうですね。60歳で定年を迎えても、人生80年なら、まだ先に20年の人生が...
タイトルとURLをコピーしました