ディサービスで送迎時間に3分遅れで怒られる

神戸市内をワゴン車で送迎していれば、信号も多いし車も多い、施設を出てから4人目ともなれば多少の前後はするが、3分早いと文句を言う利用者家族がいる。

と思えば、時間に到着しても、5分も出てこないでお待たせの言葉もない、なにか当然のような人や家族が多い。

エレベータの無い古いマンションの5階から足の不自由な利用者が、5分以上かけて降りてくる、悪い日には20分もかかる。他の利用者を待たせて、いい迷惑である。時に時間に間に合わない時もある。

遅いのは、当然だから詫びない、待つのが当たり前といった顔である。

なかには、金払ってるんだと嘯く輩もいる。

ご存じのように介護保険は、本人負担は、一割で合計所得が280万円を超えると2割、340男円を超えると3割負担です。多くは年金だけで1割がほとんどだから、必要な費用の10分の1しか負担していないのに、金払ってんだと偉そうに言う。

国民年金だけで生活保護の人ほど、我儘が強い、国民年金だけの人は、元自営業や自由業等、知って払わなかった人も多い。

実際介護費用を負担してるのは、働いている現役世代の方だ。

偉そうに言うなら満額払えと言いたい。

ディに通う人に謙虚さもない人がいる。たしかにディに行きたくないという人も多い、家族が面倒が大変だからと追い出されるケースが多い気もする。

ひどいのは、風邪気味だから、体調が悪いから施設で見てくれと、完全に勘違いしてる。もし感染症なら他の高齢者を危険にさらすことになる。

施設は病院ではない、結局状態が悪化すれば家族に引き取りに来てもらうか旧きゅである。本当にいい迷惑だ。疲れてるからとか、夜寝てないから寝させてくれとも言ってくる、だったら家で寝てくれである。

施設の別途は、急病のための別途であって眠いから寝させるためではない

ディサービスは、我儘な高齢者の坩堝である。

俺は高齢者だ、私は障碍者だ、私は病気だと何か特権でもあるように振る舞うのです。

健常者等や税や行政の庇護を受けて、この傲慢さはあきれるばかりである

元気な高齢者が神々しく見えてくるのです。

台風でディがお休み

台風19号の影響を考えて、本日の幹部会議で明日の土曜日のディを休むことが決まりました。

ディの場合は、利用者が施設に来て初めて売り上げが立つので休むと1日分がそっくり無くなります。当然休む事に反対する管理職も多くいます。

強風や豪雨の中の送迎の危険性や、施設での被災や帰宅できないリスクなど考えずただ売り上げだけ考える人が大勢います。

また、偏向した正義感や精神論でこんな時こそディに来てもらって安心してもらおうとか、言い出す介護士も出てきます。

彼女たちは強風下での送迎の危険性を知らない、いろんなものが風に飛ばされる、水没等ニュースを他人事としか見ていない。

施設の場所は、立地が危険な場所が多い、山の麓や斜面、川のそば等住宅地として危険な場所が多い、そんな場所に連れてきて安心だって?

被災して孤立する悲惨さをわからない

幸いにもわたぢの勤務する施設の運営者は懸命な判断ができる人で安心したい。

 

介護の世界も新サービスに躍起

福祉車両

4月から介護保険法の改定で、施設経営がさらに厳しくなっています。

高齢者も介護認定が厳しくなり泣いてる人が増えています。

認定が下がり、受けられる保険サービスが減ったため、引きこもり老人や徘徊老人が増えてきてます。

国が受け入れ先と謳う地域包括支援センターは、ほとんど機能せず。

施設では、1日型ディサービスに、1時間だけのリハビリコース、昼食付きやお風呂付きの半日コースなどさまざまなメニューを追加して生き残りを模索してます。

今後は、混合介護なるサービスも増えてくそうです。

混合介護とは、介護保険のサービスと保険外サービスのことで、医療で言う自由診療のことです。保険に無いサービスを実費で行うサービスで、ディサービスでありながらお泊まりや、洗濯、買い物、通院のサービス、特別な食事やおやつなど、さらに介護保険が使えないが最新の介護機器のレンタルや提供も可能になる制度です。ますます貧富の格差が際立ちます。

富める者はより良い介護が受けられ、

貧しき者は最低限の介護の時代がやってきます。

お陰で送迎も日に何度も走り回る忙しさに、

国は介護費用抑制、施設は利益追求、利用者不在に業界構図です

にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

六甲山麓の高級住宅の高齢者

神戸の六甲山麓には高級住宅街立ち並び、風光明媚な神戸の街並みや神戸港から大阪湾が眺められる。

バブル時期に開発され小金持ちがこぞって住宅を建てた。

働き盛りの頃は、自動車で神戸や大阪から自宅まで容易に通うこともできた。日々の買い物だって自動車で市街地に出かけられただろう。

買い物も自動車で出かければ問題もない高級住宅街にはスーパーもコンビニも無い、自動販売機すら無いのです。

しかしこの住宅の住人も70歳を超え足腰も弱り自動車の運転もおぼつかなくなると一挙に生活に困る。

日々の買い物すらできない、山手の住宅で家の前の道から玄関まで数メートルの階段がある。住宅地に道路も急な坂道が麓まで続く大変な場所である。車なら苦もないだろうが、歩いて駅やバス停までも坂道を10〜30分も歩くことになる。

若い頃はこの階段の上からのながめは自慢だったろう。

しかし今ではディサービスの送迎時に階段を上り下りするのに五分以上かかってしまう。

まだ時間がかかっても上り下り出来れば良いが、やがてそれもできなくなるだろう、そうしたらどうなるのだろう?

この住宅地でも、彼方此方に空き家のお屋敷が目立つ、多くは、子供が独立して戻らず。

買い物も不便、急な坂道を歩くことさえままならず、ついには子供の元へひっこすか、市街地のマンションに移り住む人が多い。

そんなマンションからディサービスに通所する高齢者も増えた。

夫婦どちらかが亡くなると、マンションに移り住む人が多い、多くは夫を亡くしたご婦人である。

できるならば、もっと早く移り住むことをお勧めしたい。

何を思って不便な山麓に住み続けるのだろう

見栄?

へんなこだわりがある

他人から見れば哀れで惨目にしか見えない

ディサービスの送迎で山手の住宅地を走るとこのような風景をよく見る

 にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

定年プロドライバーのお粗末

ディサービスの送迎ドライバーに応募してきた、プロドライバーが相次いで不祥事で退職・・・・

タクシードライバーで2種免許を所有当然ですが、地元の地理に詳しい、60歳前半

当然施設は、もろ手挙げて採用するも1月もしない内に、信号無視で警察のお世話でおやめになることに

60歳代前半の元バス運転手で福祉車両のような大型車も得意だろうと思ったが、運転が乱暴で顧客先が覚えられない決めたルートしか走れない、言葉使いが粗暴で添乗員に苦情を言う、信号無視、危険運転、暴言

社内外からの苦情噴出で退職

70歳代元会社員、通行の邪魔だと通行人に暴言、謹慎処分後退職

タクシーもバス運転手も、人手不足の業界である。そんな業界を60歳定年で退職し再雇用もない人材を採用するのは少し考えた方が良さそうである。再雇用や定年延長にならない理由があるのだろう。本人の意思で退職したかもしれないが、ディサービスのような安時給の求人に応募するのだからやはり何かあると考えるべきだろう。

採用する施設側の人を見る目のなさにも問題がある、慢性的な人材不足で、人を見る余裕もないのかもしれないが、職員は勿論利用者の命を預かる仕事の対する危機感が感じられない。

狭い住宅街を走り抜けるために、車体を擦る場合も多いが修理もされず傷だらけ、青空駐車で毎日使用され汚れ放題で洗車もされない、

窓が汚れ雨や夜間には光がにじむ

最近ニュースになるドライブレコーダさえもコスト優先で設置されず。

結局はそんな職場に集まる就職希望者はにあったものかもしれない。

安くても良いから採用してほしい人物は、どんな人だろうか?

それだけしか払えないのだから、一度考えてみてはどうだろう?

安い賃金で高い労働生産性を望んで、叶う訳がないだろうに!

 にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

ディサービス送迎ドライバーは危険がいっぱい

ハローワークに中高年向けのディサービスの送迎ドライバー募集が沢山出ています。定年後のちょっとした小遣稼ぎのと、興味を持つ人も多いと思います。

週3日程度で、朝1時間から2時間、夕方も3時頃から2時間程度で、時給900円から1,000円程度、場合によっては、1日3,000円程度で、時間超えても固定制という場合もあります。

朝の利用者宅から施設までのお迎えと、夕方の施設からご自宅への送り届けの短時間の運転になります。週に数日で朝と夕方だけならと、定年後の小遣稼ぎの方が応募しています。

この仕事の難点は、朝のお迎えと夕方のお迎えの間が、5時間程度なので、通勤時間を差し引くと3時間程度で何かするにも出かけるにもあまり余裕がありません。精々パチンコや、買い物お昼の食事、近くに映画館があれば映画を見る程度ですね。多くは家の帰ってTVを見てお昼を食べてまた2時過ぎにお出かけが一般的ですね。

週3日で朝と夕方の両方を受け持つと1日約3,000円×3日=9,000円、月4週として9,000円×4週で36,000円になります。

求人条件によりますが、月当たり多くても4万円程度稼ぐ人が多いようです。

何が危険なのか?

送迎に使用される福祉車両は、日産キャラバン、トヨタハイエース等が多く車幅も車長も長く大きい車両があります。最近では、ミニバンの福祉車両も多くあります。まず大きな福祉車両で、住宅街の細い道や路地裏に送迎に行きます。中には何度も切り返しをしないと曲がれない場所も多々あります。

また福祉送迎の基本は、左側ドアツードアなので、大回りで左横付けで玄関前に付けなければいけません。逆向きでしか進入できな場合はバックで進入する場合もあります。

また神戸などでは、坂道に多く住宅があり、坂道停車、坂道発進も多く神経を使います。すれ違いのできな路地裏で対向車などが来ると、一旦車を動かし再度戻ると言う事も日常茶飯事です。

こんな事から、自動車の側面は擦り傷も多くなります。歩道の縁石に乗り上げたり、側溝を乗り越えたり、ブロック塀や電柱や標識に擦るなども多々発生します。

交通違反などはもってのほかです、急発進は心がければ避けられますが、急ブレーキは難しい問題があります、危険を避けるために急ブレーキは避けられませんが、車椅子の方や体に障害ある方、ご高齢ので力が弱い人は、キューブレーキで体が振られて怪我や障害が出る場合があります。

危険回避と乗客の安全を両立させる難しさもあります。

送迎の時間には、約束の時間までに迎えに行ったり送り届けないといけないと言うプレッシャーもあります。多くに場合は家族の要望や、ケアマネージャーが交通受胎など関係なく、〇〇分に来いと指示するケアマネージャもいます。暗にスピード違反などを要求したり、逆には、どこかで時間を潰して自分が家に帰る時間に合わせろと言うケアマネージャーやご家族もいます。

邪魔者扱いされる

ディサービスの車を利用者様の玄関前に止めているとすれ違う車に邪魔だと言われ、隣近所に方には、そこに止めるなと言われる。住宅街の路地を通ると、危ないとクレームの電話施設に来る。

リフトで車椅子の方の乗り降りをしていると、すれ違おうとする車からクラクションや早くしろと怒鳴り声が聞こえる。

まるで自分や家族は介護と無縁のような仕打ちである。やさしさや慈善の気持ちなど無いのが、この世界で感じるのです。

このような言わば過酷な運転を強いられるにもかかわらず、時給は安いものです。

にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

ディサービスの送迎の弊害

ディサービス等多くの介護施設では、利用者の送迎を行っています。毎月の利用日数に応じて、施設に給付金が支払われる仕組みになっているためです。利用者さんに来てもらわないと収入が減るため、利用促進策として送迎を行なうのです。

利用者にとっては、玄関まで迎えに来て、帰りも玄関まで送ってくれる、送迎車も福祉車両でステップも低く手すりも多い、乗り降りも介助してくれる便利なシステムです。

高齢者の社会適応力を低下

送迎が、高齢者の社会適応力を低下させているとの指摘が有ると言うのです。移動する能力が失われてしまったそうです。送迎車を待つことに慣れ、自転車のペダルを踏んだり、車椅子を漕いだり、電車バス等の切符を買ったりする行為ができなくなったのです。外出が少なくなり季節の変化も感じられず、痴呆が進んでしまうことも考えられます。

たとえ人の助けを借りても、少しでも歩いたり歩行器や車いすでも、自力で移動することで、筋力も付き頭を使い目からの刺激もあります。

施設側にもデメリットがあります。

続きを読む