土曜も出勤に

介護は恒常的に人手不足の業界です。

かといって誰でも務まるわけでは、無いのです、私が4年入り間に、何人もの人が来てはやめていきました。多くの人は誰でも務まると思ってきて、いきなり途方に暮れて数日でやめる、長くてもひと月も持たない人が来る。

ボチボチと確定申告準備

年金の源泉徴収票が届きだした。

先にネットで入手して準備

「公的年金等の源泉徴収票」
厚生年金・国家公務員共済・企業年金基金 等

非課税範囲だが配偶者分も

銀行と証券会社から「特定口座年間取引報告書」源泉徴収票されれてるので合算で計算する、総合課税等等有利な申告を模索する。

生協連合会からも「共済掛金払込証明書」生命保険、医療保険等

ふるさと納税の「寄付金受領証明書」昨年は3万円分

「地震保険料控除証明書」火災保険付帯地震保険等

天引きされなかった「介護保険料納付兼領収書」

あとはパート先の「給与の源泉徴収票」のみである。

勤務先の施設は、給与計算が遅い、源泉徴収票も1月末になる。

概算では、今年は還付ではなく、追徴になりそうである。株の運用益はマイナスだが、パートで働き過ぎみたいである。

そういえば、昨年の算定基礎では保険料がランクアップしてしまった。そんなに稼いでいないが、意外である。