灘区2号線 男のラーメン

良く変わるラーメン店で今度は「男のラーメン」です。今日行ってきました。前は「ベトコンラーメン」で約1年営業していました。居ぬきで店内はそのままです。元気・情熱とやたら訴えていますが、大盛りで売っている感じですね。標準はしょゆ味の豚ばら肉入りですが、スープがやたらしょうゆ味で豚ばら肉の油?油粕が浮かんでる。野菜はもやしと若干の白菜、しょうゆスープの甘味が白菜かというとちょっと違った味、正直今一である。土日に行列ができていたがたぶん大盛りのせいかも、今日平日は行列無し店内もテーブルが開いていました。ただし昼過ぎに一人で行ったのでカウンターに押し込まれてしまいサービスも今一、テーブルに客がいないのに一人客はすべてカウンターへ押し込んでいました。

神戸大阪で展開してるようですが、神戸2号線ラーメン街道でどこまでやれるんでしょうか?

男のらーめん 六甲道店
男のらーめん 六甲道店

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

ラーメン街道・灘区エリア(国道2号線)

灘区・東灘区・芦屋の2号線沿いには、多くのラーメン店がありラーメン街道とも呼ばれています。

私の住む灘区にも有名無名を問わず多くのラーメン店がありますので、少し紹介いたします。

まずは、灘区と東灘区の境にあるラーメン店「もっこす

もっこす

石屋川の東側、2号線の山側、御影公会堂を石屋川を挟んで西側にあります。

 

続きを読む

60歳までにやっておけばよかったこと

ヨットに興じる

「60歳までにやっておけばよかったこと何でもランキング節制の大事さ身に染みる 」という記事を見つけて、もっと早く知りたかったと残念がっています。

60歳まであと1年半、まだ間に合う項目もある

人間関係の項目では

仕事以外の特技を持つが第一位で、夫婦関係を大切に、ボランティや町内会など地域活動に参加、人付き合いで無理をしない(本当に大切な人と楽しく過ごす)そして子供とのコミニケーションと続く、仕事一筋からの反省と定年でのギャップからの後悔なんでしょう、定年後に会社との縁が切れると周りに誰もいなかったと気づいたり、妻や子供からも敬遠されている自分に気がつかされるんでしょうね。

そこには、会社はもう無く何も残っていないし以後も無い、この現実は実は耐えられないようです。とくに仕事一筋で、遅くまで残業したり休みを返上ぢたり働いちゃ人ほどそのギャップの大きさに愕然とするんですね。

定年時には先輩はもういないわけで、同僚も退職か残っているのは役員に出世した人たちで、後輩や部下は退職した人の事は数日で忘れることでしょう。1年も経てば名前も出てこないかも知れませんね。

 

 

続きを読む