仕事が無いと言う人

仕事が無いと言う人

求人が無い訳じゃ無い、やりたい仕事が無い、

貴方がやりたい仕事は、若い人を望んでるのです。

自分がやりたい仕事をさがしてもない、自分でも使ってくれる仕事を探す

もっと良い仕事が有ると考え無い、いまある仕事について、働きながら探しても良い、嫌だったら即やめても良い、残された時間は長く無い、

中高年が嫌われる理由

俺が、私がの人

それは・・・・や、違うなと言う人

厚生年金の支給先が変更になった

以前から連絡が来ていたが、私の加入してる厚生年金基金が代行返上によって企業年金基金への制度変更により8月以降の取り扱いが変更になりました。厚生年金の代行部分の国への返上に伴い、偶数月の月初に支払われていた厚生年金が日本年金機構からの15日支給に変更になります。また扶養控除申請書を提出していましたが、今後は無条件で年金支給額×7.6575%(税率)を差し引かれて振込されます。

このことから、確定申告が必須な状況となりました。少ない年金の場合、国民健康保険や医療費控除、生命保険控除を減産すれば所得税はほとんどかからなくなります。確定申告しなければ大損します。

企業年金基金からの月初の支給分は、プラスアルファ部分+加算年金になります。これも非課税でしたが同じように源泉徴収されることになります。最終的に確定申告で調整されますが、手取りが少なくなります。

特別支給の老齢厚生年金のうち国からの支給部分は、日本年金機構から偶数月の15日に支給されてましたが、10月支給よりは、国からの支給部分に加えて代行部分を合算して支給されます。特別支給の老齢厚生年金すべてが日本年金機構からの支払いになります。65歳からは、これに老齢基礎年金が追加されます。この部分に変更はありません。

いままで企業年金基金で代行部分に加算されていた、プラスアルファ部分と企業独自の換算部分が、厚生年金基金から企業年金基金に移管され、源泉徴収され他金額が偶数月の月初に支払われることになります。

8月ー9月が移行期の為支払いが変則になっています。

6-7月分の厚生年金のうち、6月部分は全額、7月分は代行部分のみが8月1日に支給され7月分の加算部分及びプラスアルファ部分は、9月に遅れて支給になりました。つまり8月月初の厚生年金は、加算部分とプラスアルファ1か月分が少なく支給です。その少なくなった部分を9月月初に臨時で支払われるとなってます。

10月からは代行部分を日本年金機構からの支払いに、プラスアルファ+加算部分は企業年金基金からに完全に変わります。

これらは、私が加入していた厚生年金基金のお話なので、勤めていた企業の加入していた厚生年金基金によって違いがあると思います。多くの厚生年金基金が代行部分の返上を行い解散しており、その後の対応は、企業の対応や加入する基金、企業年金基金のあるなし等で様々な対応の違いがあるので、上記の期日や対応の方法は参考にせず、自身の加入する年金基金に確認してください。この情報はあくまで、ぶろぐ管理者の私が加入する年金基金の場合のお話です。

 

 

ディサービスの送迎の弊害

ディサービス等多くの介護施設では、利用者の送迎を行っています。毎月の利用日数に応じて、施設に給付金が支払われる仕組みになっているためです。利用者さんに来てもらわないと収入が減るため、利用促進策として送迎を行なうのです。

利用者にとっては、玄関まで迎えに来て、帰りも玄関まで送ってくれる、送迎車も福祉車両でステップも低く手すりも多い、乗り降りも介助してくれる便利なシステムです。

高齢者の社会適応力を低下

送迎が、高齢者の社会適応力を低下させているとの指摘が有ると言うのです。移動する能力が失われてしまったそうです。送迎車を待つことに慣れ、自転車のペダルを踏んだり、車椅子を漕いだり、電車バス等の切符を買ったりする行為ができなくなったのです。外出が少なくなり季節の変化も感じられず、痴呆が進んでしまうことも考えられます。

たとえ人の助けを借りても、少しでも歩いたり歩行器や車いすでも、自力で移動することで、筋力も付き頭を使い目からの刺激もあります。

施設側にもデメリットがあります。

続きを読む

感謝の声かけ

4月から週3で働いてる介護施設でのお話し

老健施設のディケア部門なのですが、介護士の方は比較的若い方がいます。

パートが多い職場ですが、正社員の方は介護福祉士の資格を持つ若い方ですが、その対応に感動しています。

何か仕事をするたびに、見かけるとと必ず「ありがとうございます」と声をかけます。特にその方たちの仕事を手伝ったり代わりにしてるというわけではなく、パートとして当然の作業内容をしているにもかかわらず、何かしている所を見かけると「ありがとうございます」声をかけるのです。

それも自然に声をかける、特に若い2人の介護福祉士の方は、さりげなく声をかけます。

当然声をかけられる方は悪い気はしません。気持ちよく働くことができます。

色々悪い噂の多い介護の職場ですが、人によって環境は大きく変わるものです。

ただ若い介護福祉士の特有の声かけのようで、年配の人や看護師の方は、このような感謝の声かけはあまり感じられません。

他の施設の噂では御局様と呼ばれる古参職員やパートの人に指図ばかりで自分は嫌な仕事から逃げてる人もいると聞きます。

たぶん後者のような方が多い職場が、この世界の悪評を占めているのだと感じます。

若い介護福祉士の方たちは、学校などでこのような感謝の声かけを指導されたのでしょう、そしてその後の経験の場でしっかり身についているのだと思われます。

仕事だからやって当たり前なのに、やっていただいて「ありがとうございます。」と言える凄さ!

貴方がしてくれたから、私は別の仕事ができました。

貴方がしてくれ無かったら、私がしなければいけなかった

感謝できる気持ちが尊いですね

あれもやれ、これもやれ、早くやれ、へたくそ、これでは」嫌になります。

 

 

 

 

高齢者の体感温度

高齢者の体感温度季節になると、熱中症が話題になる。

特に高齢者の熱中症による死亡事故が話題になる。
また学校等での運動授業やクラブでの事故も多く教育現場でも指導者の学習能力の無さと危機管理に欠如には呆れるばかりだ。

介護の世界に目を向けると、高齢者は体温調節がうまくできないと言われているが、問題は体感温度の検知能力が衰えていることが問題で、若い人が暑いと感じても、寒いとクーラーをつけないし消せと言う。

体感能力の衰えと合わせて、高齢者は、あまり動かないためにさらに体感温度が低くなっている。

体感機能のアップには適度な運動が必要です。筋肉の伸縮と発汗が体感機能を高めます。

ほとんどが一日中、椅子に座り、TVを見てるか居眠りをしている。気温が30℃を超えた部屋でもへいぜんとし、汗もかかないと、従って水分も取らない。

悪循環である、これでは自ら熱中症になる様にクーラを止め水分を取らずにいる様なものである。

介護施設では施設内で倒れられたら大変である必死で水分を取らせようとするが、お茶も飲もうとしない。

事故や病気以外で介護が必要になる人の多くは、人の意見を聞かず、怠け者が多く改善に努力しない人が多い気がする。

自分でできることさえしようとせずに、介助を求めたり要求するのです。

当然に徐々に足をはじめとする筋肉が落ちていき、立ち上がることも辛くなり、てもあげられなくなる、最後は寝たきりとなり、後は知れた結果である。

治ろうとする人は、会うたびに歩く姿が元気になり、自分にできることが増えている。顔つきも自信に満ちてくる。

介護士も本人にやる気がなければ、どうしようもない、無理にさせれば虐待だと言われる。自分でさせればサービス低下等と揶揄される。

本人の意思を尊重すると結果機能改善や自宅復帰など程遠く、寝たきりを早め寿命を縮めることになる。

本人も家族もわかってるのか知らずか、本人にさせる事を良しとしない、機能回復よりも、同情と情けで生ける屍に!