仕事が無いと言う人

仕事が無いと言う人

求人が無い訳じゃ無い、やりたい仕事が無い、

貴方がやりたい仕事は、若い人を望んでるのです。

自分がやりたい仕事をさがしてもない、自分でも使ってくれる仕事を探す

もっと良い仕事が有ると考え無い、いまある仕事について、働きながら探しても良い、嫌だったら即やめても良い、残された時間は長く無い、

中高年が嫌われる理由

俺が、私がの人

それは・・・・や、違うなと言う人

厚生年金の支給先が変更になった

以前から連絡が来ていたが、私の加入してる厚生年金基金が代行返上によって企業年金基金への制度変更により8月以降の取り扱いが変更になりました。厚生年金の代行部分の国への返上に伴い、偶数月の月初に支払われていた厚生年金が日本年金機構からの15日支給に変更になります。また扶養控除申請書を提出していましたが、今後は無条件で年金支給額×7.6575%(税率)を差し引かれて振込されます。

このことから、確定申告が必須な状況となりました。少ない年金の場合、国民健康保険や医療費控除、生命保険控除を減産すれば所得税はほとんどかからなくなります。確定申告しなければ大損します。

企業年金基金からの月初の支給分は、プラスアルファ部分+加算年金になります。これも非課税でしたが同じように源泉徴収されることになります。最終的に確定申告で調整されますが、手取りが少なくなります。

特別支給の老齢厚生年金のうち国からの支給部分は、日本年金機構から偶数月の15日に支給されてましたが、10月支給よりは、国からの支給部分に加えて代行部分を合算して支給されます。特別支給の老齢厚生年金すべてが日本年金機構からの支払いになります。65歳からは、これに老齢基礎年金が追加されます。この部分に変更はありません。

いままで企業年金基金で代行部分に加算されていた、プラスアルファ部分と企業独自の換算部分が、厚生年金基金から企業年金基金に移管され、源泉徴収され他金額が偶数月の月初に支払われることになります。

8月ー9月が移行期の為支払いが変則になっています。

6-7月分の厚生年金のうち、6月部分は全額、7月分は代行部分のみが8月1日に支給され7月分の加算部分及びプラスアルファ部分は、9月に遅れて支給になりました。つまり8月月初の厚生年金は、加算部分とプラスアルファ1か月分が少なく支給です。その少なくなった部分を9月月初に臨時で支払われるとなってます。

10月からは代行部分を日本年金機構からの支払いに、プラスアルファ+加算部分は企業年金基金からに完全に変わります。

これらは、私が加入していた厚生年金基金のお話なので、勤めていた企業の加入していた厚生年金基金によって違いがあると思います。多くの厚生年金基金が代行部分の返上を行い解散しており、その後の対応は、企業の対応や加入する基金、企業年金基金のあるなし等で様々な対応の違いがあるので、上記の期日や対応の方法は参考にせず、自身の加入する年金基金に確認してください。この情報はあくまで、ぶろぐ管理者の私が加入する年金基金の場合のお話です。

 

 

ディサービスの送迎の弊害

ディサービス等多くの介護施設では、利用者の送迎を行っています。毎月の利用日数に応じて、施設に給付金が支払われる仕組みになっているためです。利用者さんに来てもらわないと収入が減るため、利用促進策として送迎を行なうのです。

利用者にとっては、玄関まで迎えに来て、帰りも玄関まで送ってくれる、送迎車も福祉車両でステップも低く手すりも多い、乗り降りも介助してくれる便利なシステムです。

高齢者の社会適応力を低下

送迎が、高齢者の社会適応力を低下させているとの指摘が有ると言うのです。移動する能力が失われてしまったそうです。送迎車を待つことに慣れ、自転車のペダルを踏んだり、車椅子を漕いだり、電車バス等の切符を買ったりする行為ができなくなったのです。外出が少なくなり季節の変化も感じられず、痴呆が進んでしまうことも考えられます。

たとえ人の助けを借りても、少しでも歩いたり歩行器や車いすでも、自力で移動することで、筋力も付き頭を使い目からの刺激もあります。

施設側にもデメリットがあります。

続きを読む

感謝の声かけ

4月から週3で働いてる介護施設でのお話し

老健施設のディケア部門なのですが、介護士の方は比較的若い方がいます。

パートが多い職場ですが、正社員の方は介護福祉士の資格を持つ若い方ですが、その対応に感動しています。

何か仕事をするたびに、見かけるとと必ず「ありがとうございます」と声をかけます。特にその方たちの仕事を手伝ったり代わりにしてるというわけではなく、パートとして当然の作業内容をしているにもかかわらず、何かしている所を見かけると「ありがとうございます」声をかけるのです。

それも自然に声をかける、特に若い2人の介護福祉士の方は、さりげなく声をかけます。

当然声をかけられる方は悪い気はしません。気持ちよく働くことができます。

色々悪い噂の多い介護の職場ですが、人によって環境は大きく変わるものです。

ただ若い介護福祉士の特有の声かけのようで、年配の人や看護師の方は、このような感謝の声かけはあまり感じられません。

他の施設の噂では御局様と呼ばれる古参職員やパートの人に指図ばかりで自分は嫌な仕事から逃げてる人もいると聞きます。

たぶん後者のような方が多い職場が、この世界の悪評を占めているのだと感じます。

若い介護福祉士の方たちは、学校などでこのような感謝の声かけを指導されたのでしょう、そしてその後の経験の場でしっかり身についているのだと思われます。

仕事だからやって当たり前なのに、やっていただいて「ありがとうございます。」と言える凄さ!

貴方がしてくれたから、私は別の仕事ができました。

貴方がしてくれ無かったら、私がしなければいけなかった

感謝できる気持ちが尊いですね

あれもやれ、これもやれ、早くやれ、へたくそ、これでは」嫌になります。

 

 

 

 

高齢者の体感温度

高齢者の体感温度季節になると、熱中症が話題になる。

特に高齢者の熱中症による死亡事故が話題になる。
また学校等での運動授業やクラブでの事故も多く教育現場でも指導者の学習能力の無さと危機管理に欠如には呆れるばかりだ。

介護の世界に目を向けると、高齢者は体温調節がうまくできないと言われているが、問題は体感温度の検知能力が衰えていることが問題で、若い人が暑いと感じても、寒いとクーラーをつけないし消せと言う。

体感能力の衰えと合わせて、高齢者は、あまり動かないためにさらに体感温度が低くなっている。

体感機能のアップには適度な運動が必要です。筋肉の伸縮と発汗が体感機能を高めます。

ほとんどが一日中、椅子に座り、TVを見てるか居眠りをしている。気温が30℃を超えた部屋でもへいぜんとし、汗もかかないと、従って水分も取らない。

悪循環である、これでは自ら熱中症になる様にクーラを止め水分を取らずにいる様なものである。

介護施設では施設内で倒れられたら大変である必死で水分を取らせようとするが、お茶も飲もうとしない。

事故や病気以外で介護が必要になる人の多くは、人の意見を聞かず、怠け者が多く改善に努力しない人が多い気がする。

自分でできることさえしようとせずに、介助を求めたり要求するのです。

当然に徐々に足をはじめとする筋肉が落ちていき、立ち上がることも辛くなり、てもあげられなくなる、最後は寝たきりとなり、後は知れた結果である。

治ろうとする人は、会うたびに歩く姿が元気になり、自分にできることが増えている。顔つきも自信に満ちてくる。

介護士も本人にやる気がなければ、どうしようもない、無理にさせれば虐待だと言われる。自分でさせればサービス低下等と揶揄される。

本人の意思を尊重すると結果機能改善や自宅復帰など程遠く、寝たきりを早め寿命を縮めることになる。

本人も家族もわかってるのか知らずか、本人にさせる事を良しとしない、機能回復よりも、同情と情けで生ける屍に!

 

定年後の臨時出費

定年を迎えて給与も賞与おなくなって、年金とわずかな蓄えで細々生活してる身であっても、思わぬ出費を強いられるものです。

晩婚なら子供の結婚やまだ教育費が必要だったらりします。また親が健在なら介護の事も考える必要があります。

自家用車が必要な方なら買い替えも試案のしどころです。

結構見落とされるのは、家電の買い替えです、冷蔵庫や電子レンジ、エアコンや洗濯機は長年使われあまり故障もしませんし古くなっても不便を感じないものです。意外と買い替えを先延ばしにしやすい物です。

しかしいったん不具合が出ると、生活に著しい仕様が出ます。いざというときに経済的に余裕が無いと大変不自由なことになります。

選択ができない、食品の保存ができないとなると、どうでしょうか?

大変ですね。

ただ故障などがなくとも10年以上の家電と最新の家電では電気代が大きく変わります。年間で10,000円の差が出るものも多くあります。年間365日動きっぱなしの冷蔵庫はバカになりません、さらに高電圧の電子レンジ、エアコンも電気代に差が出るものです。

電力量が小さいですが照明用のシーリングなどもバカになりません。

確かに買い替えは財布に痛いですが、余裕のある内に買い換えるのが先々安心できます。年齢を考え10年先20年先で考えれば、65歳までに買い換えれば死ぬまで使えるでしょうね。

冷蔵庫15万、TV15万、洗濯機8万、電子レンジ3万etc

40万から50万が65歳で払うか70歳で払うか

どうでしょう?

夫婦2人ならそれほど大きな冷蔵庫や洗濯機はいらないでしょう、逆にTVなどは大型画面を揃えたいし照明もより明るいものが良いようです。同じ明るさでも年を取ると若者より暗く感じるようです。

照明でLEDの場合は高齢者は、実際の使う部屋の広さより広めのものを選ぶのが無難です。

洗濯機も夫婦2人なら大きなものは不要です年に数日しか来ない子供や孫の為に大きなものを用意するのは無駄です、足らなければその時だけ2回3回と回せばよいだけです。

持ち家なら、リフォームや修繕に大金が必要です。特に水回りが早く痛みます。浴室、キッチン、トイレなど大規模にやるなら早めに、余裕がないならこまめに修繕ですね。

マンションの場合は、修繕費の積み立てが年々値上になる可能性もあります。マンションの場合は、公営住宅への住み替えも検討に値します。

共益費と修繕積立金の合計が公営住宅の家賃と比較して逆転したら住み替え時期です。賃貸の場合は、高齢者向け住宅の斡旋もあります。

次は、冠婚葬祭費用です。

子供の結婚、親の介護と葬儀、伴侶や自分の葬儀費用、その前に医療費も考えなければいけません。医療保険は生命保険より大事です。死亡保険はわずかでも入院・手術・通院に手厚い医療保険を探しましょう。

この年齢で高額な生命保険は、無意味です、葬式代が出れば十分です。

生命保険に付随する医療保険より、医療保険でわずかな事故死や病死の時の生命保険がああるものを選択しましょう。

余談ですが、保険の窓口が最近CMなどで流れてますが、注意が必要です。

基本的に相談無料で、選んだ保険会社の商品で契約すると保険会社から保険の窓口に手数料が入るの仕組みです。ただし保険会社と保険の窓口との手数料は見えません、利率の良い保険会社や商品を薦める可能性は否定できないでしょう。

多く保険会社は相談やプランニングでお金は取られません、ただ他の保険との比較は自分でやらないといけないだけです。

60歳定年で長くて残る人生20年、上手にそして楽しくすごしましょう

 

 

福祉ドライバーの運転

福祉送迎車の事故のニュースを見ると、他人事ではないと思う。
ほとんどが出会い頭衝突である、しかし、送迎車の乗客は高齢者で身体の不自由な人が多く、衝突は勿論であるが急ブレーキや急ハンドルでも、身体への影響は大きいものです。

定年後の職探しでマンション管理や駐輪管理以外にも送迎ドライバーも選択肢にありました。そんな時に昨年末に兵庫県シルバー人材センター協会の斡旋する国土交通省認定の「福祉有償運送運転者講習」を受ける機会に恵まれ、今年の初めに受講し修了しました。これは福祉有償運送を届け出た施設などで利用者などを有償で送迎などを行う場合に修了が求められる講習です。多くの介護施設では、未受講の介護士やヘルパー、シルバードライバー運転しているのが現状です。

講習会で習った事が、福祉有償運送ではないですが、ディケアの送迎に役に立っています。

利用者の乗降時は、もちろんですが、自分の所有する車の運転でも役に立つています。

急発進急停止は、厳禁、特に車いす乗車はヘッドレストが無かったり頭部への影響が多い、また、シートベルトをしていても、車いすの強度自体が自動車のシートとは比べ物にならないぐらい弱いものです。

講習後に代わった運転方法は、以下のようなものです。

  • 発進時に、同乗者のシートベルトの着用を必ず確認する。
  • 発進はクリープ機能を使って発進し制限速度まで緩やかに加速。
  • 車間距離は十分に確保する
  • ライトの早めの点灯
  • 信号のない交差点や十字路は一時停止表示がなくとも原則確認を励行
  • 一時停止個所は、停止線で2~3秒の停止後左右の確認できる場所まで徐行前進
  • 信号通過時は、直進方向の歩行者用信号が青点滅時は減速、赤信号なら停止準備
  • 交差点での発信は青信号に限らず左右確認、
  • 青信号での発進左折時は、左側後方確認と横断歩行者の確認
  • 青信号での右折発進は、直進者や対向車線の左折者の後ろの車やウインカー未点灯車に要注意、右側からの横断者に注意
  • 右左折は、30km以下に減速し遠心力を弱める。
  • 停止時は、ポンピングブレーキは使用せず、緩やかなブレーキの踏み込みで慣性による前のめりを防止。
  • 上り坂発進などじは、同乗者への声かけや前方車両の後退に注意、下り坂発進は、ブレーキ解除で発進
  • 利用者宅への横付けは必ず左側横を行う(一方通行でやむを得ない場合を除く)場合によっては大回りにて左側横付けを行うこと。

大まかでこんなところです。詳細は講習を受けてみてください。ただ多くの講習ではここまで細かくする所は少ないようです。

自家用車の運転との差は、クリープ発進の利用、一時停止線停止の厳格履行

 

 

 

 にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

もう定年は無い

今年の四月からパートではあるが働き始めた。

当然だがパートなので一年毎の更新で定年などは無い、一応勤め先の規定では60歳定年で65歳まで延長ありとある。パートには特に規定はないが一年毎に延長かどうか決められる。

パートの場合はあとは体力勝負である。

定年がないと言う環境は意外と気楽なものである、出世など無縁であり考える必要もない、昇給も特に贅沢しなければ必死に評価を上げる必要もない、現在の時給が最低なのだからそれで満足していれば必死に頑張る必要もない、職場あの人たちとう上手にやって行ければ満足である。

降格や解雇の心配もさほど深刻でも無い、今の介護職なら経験者なら無資格でも仕事はいくらでもある。

選ばなければ、求人は多い、時給を欲張らなければ職種は多い

私が介護士をやるぐらいだ、相手は80、90歳時には100歳もいて、私など子供や時には孫に見られる、介護施設では定年で還暦の男でも若手で通じる。

もちろんスタッフ職員は、自分の子供より若い若者である。この人たちが上司である。元職と違った職種なら子供のような上司も気にならない

いやなら辞めればよい、とりあえず年金がある、生活はl苦しくなるが無収入にはならない。

定年がないと言うのは、中高年には、非常に気楽な環境であることに気がついた。

これが本当のフリーターである。若者のフリータとお違いは将来を悩まなくてよいことだろう。昇給や昇格に必死にならなくてもよいだろう。

 

 

介護の世界を覗き見て

介護の仕事に就いて2か月が経った。

自身の親の介護をした経験はあるが、施設側に立って介護される人を見るのは初めてである。当然ですが、利用する側と利用される側では随分と違うものだと思う。

老健と特養の違いも解った。

頑張ればできるのに車椅子さえ自分で動かさず、だんだんと足がやせ細りやがて腰の筋肉も衰え安定して座ることもできず体が傾くようになり、やがて寝たきりである。そしてその先はただベットで死を待つだけの生ける屍である。

こればかりは、本人がやる気を起こしてやるしかない、前向きな人は、数週間で、車いすから歩行器に代わりやがて杖歩行へと良くなってゆく、当然本人もうれしいようで表情も明るくなる。本来こうあるべきだが、訓練はつらいものだ。残された人生を分ける、介護の入り口で間違えると本人も家族も地獄を見ることになる。

1週間や2週間で付けた筋肉はたった1日か2日で落ちてしまう、良くなたら悪くならないように毎日努力する事です。

しかし努力しない人が何故も多くディケアに通ったり老健に長期に入居しているのか?

多くは施設側の利用者確保にある、良くなって退去したり通所利用を辞めれば、介護保険収入が減ってしまう、新たな利用者を探さなくてはならない、新しい利用者がいなければ、退去を先延ばししたり、見守りを目的で利用することが黙認される。

家族にとっては、基本的に3か月で退去ルールの老健でも、長く預かってもらえるなら喜ぶだろう、改善を期待せず。また考えもしていない、特養の順番待ちは数年単位である。

こんな話がある

老健の梯子しながら、特養の順番を待つ時には、民間の安い介護付き老人ホームを利用する。

特養の入所条件が見たない場合は、老健や老人ホームを渡っている間に痴呆や障害が進行し、やがて特養の入居資格を満たすとの考えも聞く

政府の考える、自宅介護や地域介護とは程遠い現実がこの世界にはある。

預ける施設もなく経済的にも預けられず介護離職も現実である。

最悪は老々介護の末に自殺、殺人さえ耳にします。

これは実際に、家族の介護を行ったものでないと、理解不能かもしれない。

子供のいない夫婦で一方が介護が必要になれば、もう目も当てられない、妻が介護が必要になると、夫が家事すべてができるだろうか?

掃除洗濯はできても、三食の食事や介護はできるだろうか?

子供が未婚で面倒見てもらえるだろうか?

遠くの住んでいて見てもらえるだろうか?

仕事で朝夕の送迎を行うと、独居の方が多いし、ご家族がいても送迎時間にはいない事が多い、現実である。

また、利用者のほとんどが裕福な人たちで、結構高い費用を出せる人たちである。介護保険があると言っても2割3割は自己負担である。

とても国民年金では利用できません。

安くても月に10万円以上と考えた方が良いでしょう、あくまで施設に支払う費用です。その他に消耗品など個人負担があります。もちろん自宅にかかる費用は別です。

当然、多くても月額65,000円程度の国民年金では払えません。結果自宅で介護となります。国の最低限の保証でさえ介護施設の利用はできません。

市民税が非課税の場合は、介護保険支払限度額の制度がある場合がるので相談すると良いでしょう。

神戸市の施設利用時の負担軽減制度

初めての介護の仕事で慣れとは恐ろしいものだ!

4月の上旬から1年半ぶりに働き始めたのだが、最初の2週間は、立ち仕事なので、毎日足がパンパンになっていたものです。

さらに3日目には、朝起きると疲れが残る事態だった。

しかし、すでに1か月半が過ぎると、足のパンパンはなくなり、週3日を問題なく過ごせるようになってます。

3日目には疲れが残る事態になっていましたが、今では特に苦にならなくなっている自分に驚きます。

体重も若干減り、体型も絞まってきました。

まだまだメタボには変わりませんが

定年退職から3年間遊びすぎたのか、体が完全に鈍っていたようです。

定年後半年は失業給付を受けながら過ごし、失業給付が終わるとシルバー人材センターに登録して紹介された放置自転車の保管所で撤去されて怒り狂ったおばさん、叔父さん、チンピラに苦労し、時折来る申し訳なさそうな人に癒されながら僅かな配当金をいただいてました。

訳合って保管所を辞めて自宅近くの仕事に替えてもらおうとしたら、以後一切の仕事の紹介がシルバーから来なくなりました。結局そのまま1年半ほど遊んでしまった。

蓄えがどんどん減るので、今度は真剣にとハローワークや県のシルバーが薦める「福祉有償運転者講習」を受けてそれをもって仕事の紹介をシルバーに問い合わせると、ドライバーなどの仕事紹介は無いと言われてしまった。講習後は自分で探せというスタンスのようだ

ただし運が良かったのは、厚生省(全国シルバー人材センター事w業協会)からのシルバー人材センターの適正就業ガイドラインが示されてその中に、シルバー人材センターでも派遣や職業紹介が可能になっていました。そこで今回シルバーからの請負・派遣ではなく職業紹介で仕事に就くことになりました。

この場合シルバー人材センターは紹介だけで契約は、通常通り事業所と本人の直接な労働契約なので給与のピンハネもなく、通常の労働契約となりました。

以前にも書きましたが、この業界は慢性的な人で不足で、フルタイムでの社員契約を求められましたが、あまりにも体が鈍っていたのと、2年前に椎間板ヘルニアを患ったので頑としてお断りし現在週3日となっています。

仕事に慣れると、たとえば週4日でも良いかなと思えてきましたが、未だ2か月なので半年ぐらいは、このまま行こうかと思ってます。

週四日になれば、社会保険加入で国保から協会健保に代わり安くなるし、年金も加入で将来の増加も見込めますが、手取りが減ってしまうのが惜しい

社会保険料の控除額より国保と協会健保の差額が大きければメリットありますよね。この辺が試案しどころです。

多くの主婦の方がパート時間の調整している微妙なラインです。

年金受給者の場合で65歳未満なら、(年金等+給与+通勤費)が28万を超えると超えた分が年金から減額されます。これが働く日数と時給の関係になります。交通費も給与に含まれるので、意外と時給によって超えてしまいます。

社会保険加入条件は

  • 1週間当たりの労働時間が20時間以上
  • 1か月の賃金が88,000円以上
  • 雇用の期間が1年以上の見込み(延長の可能性あり)

常時雇用者とは
1週間の所定労働時間と1か月の所定労働日数が一般社員の4分の3以上
月:22日÷(4分の3)以上の勤務=16.5日以上
週:5日÷(4分の3)以上の勤務=3.75日以上

体調が良くなると欲が出てきました。

 にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村