健康診断

コロナに影響で例年6〜8月に行っていた健康診断が今になってしまった。コロナは色々なことに影響を与えてますね

職場が老健なので職場の看護師が採血やバイタルチェック、身体測定、聴力や視力検査

系列の病院では、レントゲンとエコー検査だけです。

医療法人の老健介護施設勤務の良いところでしょうか、インフルエンザのワクチン接種もしょくばでします。

社会福祉法人系では、こうもいかないようです。

 

健康診断の再検査

先月に受けた健康診断の結果が返ってきました。

毎回コルステロール値が異常は予想した通りで善玉は最低値、悪玉は基準値越えでした。

これなら心配もさほどしないのですが、今回は、視力の大幅の低下、スマホと老眼、右目の白内障が影響

既に眼科受診ずみで視力の低下は道められてました。治療は点眼薬のみで生活に困らなければ手術はまだ必要無いとの所見、基準は個々の生活での困難さによると言われました。

もっとも心配なのは、初めて肺のレントゲンで異常があり精密検査を勧められました。

肺空洞影疑との事、

胃腸は異常無しでもで毎年内視鏡検査を受けているが、肺での指摘が初めてなので、少し動揺してます。

どうしても悪く考えてしまいますね、歳も歳ですから、

どっちにしろ再検を受けないと結論が出ないので来週には受診しようと思います。

大腸も早めで助かったので、今回も早めの検査に努めます。

 

 

退職後の健康診断 任意継続健康保険

協会健保での最後の人間ドック退職後任意継続していた元職加入の健康保険での最後の人間ドックでした。今年から所得無いので来年には国民健康保険の方がはるかに安いので2年継続可能な任意継続を1年半でやめます。任意継続の健康保険料は退職時の大凡の保険料となります。ただし現役時代は会社が半額負担しているので退職後は現役時代の2倍になります。
いままで利用していた健康診断の施設は国民健康保険では市の補助がないとの事なので来年からは別施設に代わります。現役時代は無料だったのに今では補助があると言っても有償です。あまり高度な検査は使えなくなりますね。

神戸市では、「市民健診(神戸市健康診査、特定健康診査、がん検診等)」というのがあって以下の項目は集団検診で300円、個別検診で600円で受けられます。

(基本的な健診)
○問診 ○身体計測(身長・体重・BMI・腹囲) ○血圧測定 ○脂質(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)○肝機能検査(GOT・GPT・γ-GTP) ○血糖(空腹時血糖・HbA1c) ○尿検査(尿糖・尿蛋白・尿潜血) ○腎機能(尿酸・血清クレアチニン・eGFR)
(詳細な健診)
○貧血検査 ○心電図 ○眼底検査

胃がんのバリューム検査は600円
肺がん検査レントゲンは1000円
大腸がん検診(検便)500円
といった感じになっています。

面倒なのは4月1日までに加入した人には自動的に連絡が来ますが4月2日以降に国民健康保険に加入すると自分で申込みに行かないといけません、さすがお役所仕事です。

人間ドックのベーシックタイプで、およそ2万円ぐらいだそうです。良くあるオプションをつけると3~4万円結構高いです。

どうか、これからも健康でありますように

健康診断費用領収書
健康診断費用領収書