コロナ不景気でシルバー求人にゴミがあふれる

送迎ドライバーに定年族が応募してくる事が多いですが、昨今のコロナ不景気で、コロナ解雇、コロナ雇止め、挙句はコロナ倒産で失業した中高年が、介護現場にやってくる。

しかし誰も彼も介護に対する考えが非常に甘い、先ず仕事を見下す人が多いのです。しかし何もできないのに口先だけは立派である。

お茶出し一つでも、水分接種制限や脱水気味の人への給仕タイミング、嚥下障害の方へのトロミ処方など、利用者ごとに覚えることが多い。

使用済みのコップの洗浄乾燥などの感染対策も教えないといけない。洗い物一つとっても直ぐにはできないのである。

単にお年寄りの面倒を見る程度の認識である。

痴呆症や高次脳障害の人とのコミニケーションで真面目に怒ったりして問題を起こしたりする。

送迎車の運転に応募者もあるが、乗客がみんな何らかの病気や障害を持っていることを理解していない。急ブレーキ、急発進、急カーブは現金である、車いすでは座位が高く揺れに弱い、自家用車の運転や、タクシーバス運転手だったという人も来たが往々にして運転が荒い、急加速、急停車はもちろん車線変更も多い。交通法規を守らない者もいた。

一時停止しない、矢印信号を無視で右折禁止無視、制限速度大幅超過などである。

施設の名前や電話番号を大きく書いてある車を運転してるという自覚がない、危険運転で、苦情電話が入ることもある。

要するに一般社会でも問題な人が、介護の仕事を見下し簡単な仕事と思ってやってくる。

当然すぐに、予想と違う事に気が付き素直に教えを乞うならいいのだが、大半の人は、介護というものは、こうだああだと持論を垂れたり、教え方が悪いとか、規則が多いとか自分の知識や経験の無さを棚に上げ責任を他の職員のせいにする。

いわゆる、他の業界でも問題児とされる人たちが、気軽な考えでやってくる

そして長くても一か月早ければ位週間以内にやめてゆくのである。

優秀なひとななら雇止めもされまいに、定年でも再雇用されるだろう。

雇止め、解雇、再雇用なしの中高年は、介護ではほとんど役に立たないクズである。

 

仕事が無いと言う人

仕事が無いと言う人

求人が無い訳じゃ無い、やりたい仕事が無い、

貴方がやりたい仕事は、若い人を望んでるのです。

自分がやりたい仕事をさがしてもない、自分でも使ってくれる仕事を探す

もっと良い仕事が有ると考え無い、いまある仕事について、働きながら探しても良い、嫌だったら即やめても良い、残された時間は長く無い、

中高年が嫌われる理由

俺が、私がの人

それは・・・・や、違うなと言う人

38年の勤務は何だったんだろう

定年後、ふと思うことは、

あの38年の会社勤めで何を得たのだろう

何か残ったものはあったのだろうか?

既に5年過ぎたが、遠に関係は消え去っている。

思いも懐かしささえわいてこない。

今の生活にも、影響は感じない、

今の仕事に何か役立つことは?

思いつかない

あの38年は何だったんだろう

定年前は将来は?定年後は今を

定年前は、将来はとか今後はとか、先の事を考えたり計画したりしましたが、定年後は、今したい事、今できる事を考え行動することが大事ですね。

定年が60歳で再雇用で5年は働きたいと思っている人も多いですが、5年後の65歳でどうなりたいのでしょう?

65歳からの人生生活をどう考えていますか?

70歳までわずか5年しか残っていません、5年間何をするのでしょうか?

日本人の平気寿命ばかりが話題になりますが、健康で過ごせる健康年齢は男女ともに72歳程度です。80歳までとか85歳までと蓄えを等と言われますが、健康年齢72歳を超えると多くの高齢者は、寝たきりや歩行が不自由になったり認知症になったりで、今考えている趣味や旅行、田舎生活など不可能な人が大半となっています。

そして72歳も健康年齢も、あくまで平均なので過半数の人は、72歳までに、歩行困難や痴呆になると言う事を覚悟しておかないといけません。

そんな状況で何千万も蓄えがあっても、介護関係業者に貢だけとなります。

現在が健康で車の運転ができたり、長距離の旅行も大丈夫なら、今しかありません。明日脳梗塞になるかもしれないし、転倒して寝たきりになるかもしれません、

贅沢するなら健康なうちです。5年なんて直ぐにやってきます。定年後5年で健康年齢終了です。

定年後、何かできるのは長くて10年と考えましょうね

もしよゆうがあるなら。再雇用は危険かもしれないですよ

 

年金を貰う年齢まで生きられない時代になる

勧められた政治家は結局何もしてくれず、自分の首を絞めただけ

平均寿命が80歳、最長100歳まで、でもこれって半分以下ですよね?

皆さんがここまで長寿だと言う訳じゃないです

サラリーマン時代に、国政、地方の区別なく政治家が職場に選挙活動でやってきて支援を呼びかける、会社の業種に関する委員会所属とか言って会社も投票を要請する。

多くのサラリーマンは、自分の勤める会社の為になる、業績の為とか信じて家族や友人にも支援を求め自ら投票するが、本当にその政治家の活動が自分たちの生活を良くした実感など無いはずであろう。

当せんした政治家は、当選すればあとは政治家として自己保身と私利私欲で行動します。

支援企業・団体の個々の社員の生活など考えもしません。

所得税が上がり社会保障負担も増える、物価も上がる、人件費は思うように増えず昇給以上に控除が増える。

将来の年金が年々減っている事にも気が付かず、支払額だけが増え受け取る年金が減っている事すら知らない。

もっと哀れなのは、会社に言われ、政治家が約束したことを信じ選んだ政治家が、私たちの首を絞めている事に気が付かないことです。

気が付いていても、政治家の言葉と現実の乖離から目をそらす哀れさである。

いわゆる、自民党は善、野党は悪といった固定観念も高齢者と若者に多い

68歳年金支給と70歳まで繰り下げの官僚と政治家の謀略が現実味をおびている。この政策は、年金支払いの先延ばしと、受給前に死亡することによる受給者数の減少を期待する政治家と官僚の謀略であろう。

会社員の哀れさは、定年後の生活への無関心さと楽観であろう。

退職金がある?

企業年金がある?

個人年金もやってる?

さて、あなたが定年のときには、制度はどうかわっているでしょう?

定年は何歳ですか、雇用延長は?

雇用延長は収入が減りますよ、何年再雇用されますか?

68歳で健康ですか

70歳以降に何年いきるともりですか?

もしかすると、年金受給まで生きられない時代は、すぐ傍まで迫っているのではないですか?