ボチボチと確定申告準備

年金の源泉徴収票が届きだした。

先にネットで入手して準備

「公的年金等の源泉徴収票」
厚生年金・国家公務員共済・企業年金基金 等

非課税範囲だが配偶者分も

銀行と証券会社から「特定口座年間取引報告書」源泉徴収票されれてるので合算で計算する、総合課税等等有利な申告を模索する。

生協連合会からも「共済掛金払込証明書」生命保険、医療保険等

ふるさと納税の「寄付金受領証明書」昨年は3万円分

「地震保険料控除証明書」火災保険付帯地震保険等

天引きされなかった「介護保険料納付兼領収書」

あとはパート先の「給与の源泉徴収票」のみである。

勤務先の施設は、給与計算が遅い、源泉徴収票も1月末になる。

概算では、今年は還付ではなく、追徴になりそうである。株の運用益はマイナスだが、パートで働き過ぎみたいである。

そういえば、昨年の算定基礎では保険料がランクアップしてしまった。そんなに稼いでいないが、意外である。

 

定年後の過ごし方

高齢者が働く理由は、他に「健康のため」「社会とのつながりを持つため」「地域への貢献」などさまざまです。

普通の人は、ただ安易に地域への貢献、社会との繋がりと思ってもボランティアでは、いずれ行き詰まります。

蓄えや年金の持ち出しは絶対やめなければなりません。

年金収入だけで十分やっていけても、小遣稼ぎはするべきです。

ボラティアを志すなら、働いて活動の資源にすべきです。

さてどんな仕事が良いのでしょう?

新聞等の調査では

1位軽作業(梱包・仕分け)

2位事務・入力・受付

3位専門・技術職(資格を有するもの)

ほかに「スーパーマーケット」のパート・アルバイト。
「警備員・駐車場整理」「品出し・カート・かご整理」「物流スタッフ」など

3位の「専門・技術職」はよほどニーズの多い資格でない限り高齢者の資格者も疎まれます

・シルバー人材センターの駐輪場の管理人 労働者扱いでないので社会保障や労災はありません、自己責任なので要注意です。

・スーパーの品出し、最近は外国人労働者も増え、ある意味刺激があります。

・個人事業としてネット販売を開始 夢だけでは食っていけません
単にブームで乗らない事、私生活が無くなるケースが多い、トラブル対応も自分で

・介護施設で清掃のパート 清掃だけではなく、シーツ交換や、通所の送迎運転手、フロアーの見守など無資格でも出来る事が多い(私のパートです)

・マンション管理人 依然と求人もニーズも多いが新築マンションでは、オンライン管理が増えている、マンション掃除だけの仕事が増えている、一日に数件を回る形態が増えている。勤務は基本的に土日休みまたはゴミ出しの日のみの出勤等

高齢者の働く目的は、

1.収入を増やす 2.支出を減らす 3.お金に働いてもらう(資産運用)

3のお金に働いてもらうは、蓄えに余程の余裕があるか、運用に自信が無ければ避けるべきでしょう

毎日とは言わずとも、毎週なにかやることがある生活は、生活リズムを保て、ある程度の運動もできます。通勤などによって多くの世代間の所y法に触れられます。学生やサラリーマンの日常や夏休みなどの変化を感じられます。とくに服装に無頓着になりやすい高齢者は、若い人の服装の変化で自らも刺激受けるべきでしょう。

 

年金生活者、平成30年分確定申告

今年は、企業年金基金の源泉徴収票が届くのは遅れたので、入力待ちとなっていました。

やっと本日届いたので、今日中に入力し電子申告で提出予定です。

昨年は、パート収入も増えて29年の収入基準での所得税も低かったので、心配していたのですが、投資信託や株式の評価が下がり配当に課税された分が減額になります。さらに昨年度からの繰越損失もあり、何とか追加納税は免れ若干の還付があります。

医療費控除は、残念なのか幸いなのか、所得が200万円以下の人は総所得金額の5%だが、これんも満たない医療費でした。それと極端に高くなった介護保険の保険料が控除できるので大事です。

パートの所得税や年金からの源泉税、配当の所得税と地方税が、総所得の課税額を超えていましたので、還付ですね。

今年は、年金満額支給となるので、パート代と合わせるとかなり厳しいくなります。パートもきつくなったら、日数を減らすか退職を考える必要もありますね。

今年から1年半は加給年金が加算されますが、その先はまた元に戻るのでパートの収入も考えながらです。

長くてもあと5年ぐらいかな~と思います。

 

介護保険料のお知らせ(納入通知書)が届いた

65歳になったので、介護保険が年金から天引きされるが、年度途中なので自分で振り込めと神戸市から通知が届いた。

いつもながら上から目線のお役人仕事である。

年金生活者の生きてゆく糧を年金機構が支払う前に自治体のお役人が差し引くのである。「所得税」「住民税」「介護保険料」「国民健康保険料」「後期高齢者医療保険料」まで先取りされるようだ、年金を支払う前に回収されているようだ

役人は、年金生活者の生きる糧より、税金や保険を取り上げる方が大事なのだ。

それも年度途中だから、自分で振り込めとある、ずいぶんと身勝手である、勝手に年金から取り上げるのに、年度途中だから事務作業が大変だから、それまでは自分で振り込めと来た。

本当に公務員というのは仕事ができないかしたくないようである。

介護保険は、バカ高い、将来お世話になるかもしれないが、普段施設で働き、介護保険を貪る人を見ていると支払いのが嫌になる。

わざと近い介護度認定調査時に演技で介護度を上げる人の多い事、立って歩けるし1km近く先のショッピングセンターへ一人で出かける人が何故か介護度5の不思議?

介護の現場のパートは、最低賃金ぎりぎりで昇給も無し、賞与どころか寸志さえもない。

いったいこんな高額な保険がどこに消えるのか?

施設だけではない、介護用品価格の異常な高さもきになる。

介護保険料の振り込みもj同振替を進めてるが来年4月までなので、自動振り替えは辞めておく、この制度に関するお役人仕事は、あまり信用できない

 

年金を貰う年齢まで生きられない時代になる

勧められた政治家は結局何もしてくれず、自分の首を絞めただけ

平均寿命が80歳、最長100歳まで、でもこれって半分以下ですよね?

皆さんがここまで長寿だと言う訳じゃないです

サラリーマン時代に、国政、地方の区別なく政治家が職場に選挙活動でやってきて支援を呼びかける、会社の業種に関する委員会所属とか言って会社も投票を要請する。

多くのサラリーマンは、自分の勤める会社の為になる、業績の為とか信じて家族や友人にも支援を求め自ら投票するが、本当にその政治家の活動が自分たちの生活を良くした実感など無いはずであろう。

当せんした政治家は、当選すればあとは政治家として自己保身と私利私欲で行動します。

支援企業・団体の個々の社員の生活など考えもしません。

所得税が上がり社会保障負担も増える、物価も上がる、人件費は思うように増えず昇給以上に控除が増える。

将来の年金が年々減っている事にも気が付かず、支払額だけが増え受け取る年金が減っている事すら知らない。

もっと哀れなのは、会社に言われ、政治家が約束したことを信じ選んだ政治家が、私たちの首を絞めている事に気が付かないことです。

気が付いていても、政治家の言葉と現実の乖離から目をそらす哀れさである。

いわゆる、自民党は善、野党は悪といった固定観念も高齢者と若者に多い

68歳年金支給と70歳まで繰り下げの官僚と政治家の謀略が現実味をおびている。この政策は、年金支払いの先延ばしと、受給前に死亡することによる受給者数の減少を期待する政治家と官僚の謀略であろう。

会社員の哀れさは、定年後の生活への無関心さと楽観であろう。

退職金がある?

企業年金がある?

個人年金もやってる?

さて、あなたが定年のときには、制度はどうかわっているでしょう?

定年は何歳ですか、雇用延長は?

雇用延長は収入が減りますよ、何年再雇用されますか?

68歳で健康ですか

70歳以降に何年いきるともりですか?

もしかすると、年金受給まで生きられない時代は、すぐ傍まで迫っているのではないですか?