令和元年分所得税の確定申告終了

1月末に、やっとパート先から源泉徴収票を頂き、確定申告に必要な書類がそろったので、本日残った入力を終わらせ、再度確認を行い、無事e-Taxの申告データの送信が終了しました。

今回は、残念ながら追徴です。パート代の増収と年金での加給年金があり、大幅な超過でした。

納付もネットバンキングで納付を完了しました。

税務署にも銀行にもいかず確定申告と納付が完了です。便利になりました。

あとは、保存していた証憑書類の5年超のものを破棄したら終了。

昨年度の、まとめは、医療費控除が少し可能な額であったこと、ふるさと納税の寄付金があった。そして年金の加給年金が増えたこと、加給年金は今年の前半まで加算されます。

パート代も処遇改善手当てがあり、半年ほど月数千円加算されてます。令和2年の収入も。昨年より減るものの近い金額になる予定で、納税は今年より少ないか還付と予想してます。

ただ、パート先の環境が怪しくなってきており、転職もあり得る状態なので、もしそうなると、大幅な減収となる予想です。

また、マイナンバーの個人認証証明期限が今年の誕生日までなので、更新作業が必要だと警告が出ました。まだ市役所から通知が来ませんが、三か月前から更新手続きができるとのことなので、忘れないようにしないといけません。

 

ボチボチと確定申告準備

年金の源泉徴収票が届きだした。

先にネットで入手して準備

「公的年金等の源泉徴収票」
厚生年金・国家公務員共済・企業年金基金 等

非課税範囲だが配偶者分も

銀行と証券会社から「特定口座年間取引報告書」源泉徴収票されれてるので合算で計算する、総合課税等等有利な申告を模索する。

生協連合会からも「共済掛金払込証明書」生命保険、医療保険等

ふるさと納税の「寄付金受領証明書」昨年は3万円分

「地震保険料控除証明書」火災保険付帯地震保険等

天引きされなかった「介護保険料納付兼領収書」

あとはパート先の「給与の源泉徴収票」のみである。

勤務先の施設は、給与計算が遅い、源泉徴収票も1月末になる。

概算では、今年は還付ではなく、追徴になりそうである。株の運用益はマイナスだが、パートで働き過ぎみたいである。

そういえば、昨年の算定基礎では保険料がランクアップしてしまった。そんなに稼いでいないが、意外である。

 

PC買い替え後の確定申告準備

退職年度から確定申告をe-Taxで行ってきました。

昨年パソコンを買い替えました。前のパソコンは、カードリーダ内蔵だったので、新しいパソコンでは、外付けのカードリーダのパソリを購入し、ドライバーの登録

パソリでは、SFCard Viewer 2というツールで、電子マネーカードの内容を確認できます。

対応SF機能カード上の残額や利用履歴情報を参照することができる
JR北海道: Kitaca 
JR東日本: Suica 
JR東海: TOICA 
JR西日本: ICOCA 
JR九州: SUGOCA 
札幌総合情報センター株式会社: SAPICA
仙台市交通局: ICSCA
株式会社パスモ: PASMO
株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシー: manaca
株式会社スルッとKANSAI: PiTaPa 
社団法人広島県バス協会: PASPY
株式会社ニモカ: nimoca 
福岡市交通局: はやかけん
及び、これらと相互利用のカード

 

そのあとマイナンバーカードが使えるようにツールをインストール

公的認証サービスのツールをダウンロードしてセットアップして動作確認で

動作確認でマイナンバーカードの内容を確認したら、個人証明書の期限は今年の誕生日まででした。カード自体は後5年有効ですが、電子署名は今年の誕生日までなので忘れず更新しないといけないです。確認したら市役所から更新通知書が届くみたいです。

セットアップ終了し、一応昨年のデータを確認したら、正常にアクセスできたので安心です。あとは確定申告の資料が届くのを待つだけです。

 

 

1月28日申告でもう還付のお知らせが

電子申告は、手続きが早い

e-TAXで申告したのが1月の28日、

昨日に還付の手続きの聯絡がメッセージボックスに入った。

昨年は収入が少なく約5万趙の還付だったが、今年は医療費も控除できず収入も増加で還付は2万弱の見込みです。

それでも、還付があるだけ嬉しいものです。

あとは振り込みされるのを待つだけ、

家で保存の証書も5年を超えるので一番古いものが捨てられます。

現役時代の経験が役立ち、証書類は、まとめて紙封筒に入れ年度ごとに保存してます。

 

年金生活者、平成30年分確定申告

今年は、企業年金基金の源泉徴収票が届くのは遅れたので、入力待ちとなっていました。

やっと本日届いたので、今日中に入力し電子申告で提出予定です。

昨年は、パート収入も増えて29年の収入基準での所得税も低かったので、心配していたのですが、投資信託や株式の評価が下がり配当に課税された分が減額になります。さらに昨年度からの繰越損失もあり、何とか追加納税は免れ若干の還付があります。

医療費控除は、残念なのか幸いなのか、所得が200万円以下の人は総所得金額の5%だが、これんも満たない医療費でした。それと極端に高くなった介護保険の保険料が控除できるので大事です。

パートの所得税や年金からの源泉税、配当の所得税と地方税が、総所得の課税額を超えていましたので、還付ですね。

今年は、年金満額支給となるので、パート代と合わせるとかなり厳しいくなります。パートもきつくなったら、日数を減らすか退職を考える必要もありますね。

今年から1年半は加給年金が加算されますが、その先はまた元に戻るのでパートの収入も考えながらです。

長くてもあと5年ぐらいかな~と思います。

 

電子申告で確定申告終了

今年も確定申告を電子申告で済ませました。

1月16日から準備開始で、年末までの保険の支払い証明や1月に入って届く年金関係の源泉徴収票、今年はパート先からの源泉徴収を待って申告でした。

この時期だとオンラインでもスムースにできます。この時期は土日でも夜中でも出来て便利です。

ただし申告に使った各種書類を封筒に入れ何年分と記入して保管するのが不便ですね。

すでに5年分が溜まってます。保管期限は5年間なので現在が保管の最大量です。

今日最後の国民健康保険の納付額のお知らせが届きすべての資料が揃ったので、事前に入力を済ませていたデータを呼び込み国民健康保険の年間払込額を入力し完了させました。今年も還付です。

年金やパート代から差し引かれた税金と投資信託の税金がほとんど返ってきます。

各種入力原票
・厚生年金源泉徴収票(会社員)
・共済年金源泉徴収票(国家公務員)
・企業年金源泉徴収票(厚生年金プラスα分)
・年金払い傷害保険支払い報告書(年金付傷害保険)
・パート給与の源泉徴収票
・特定口座年間取引報告書(投資信託)
・地震保険(住宅火災保険付随)
・共済掛金払込証明書(生命保険・医療保険)
・国民健康保険料の年間納付済額のお知らせ(国保)
・医療費控除の集計(治療・薬代・通医院交通費)
 医療費控除は、総所得金額等が200万未満ならその5%を超える金額が控除できますよ、10万を超えないとダメと思ってる人は、総所得金額等が200万以上の場合です。
e-TAX
e-TAX
送信準備画面
送信準備画面

 

受付完了確認
受付完了確認

去年からパートを始めたので、来年は還付になるか心配です。その分国保から協会健保に代わって負担が少なくなってます。

さらに厚生年金を僅かですが払ってます。将来微々たるものですが年金が増える予定です。

 

今年の確定申告は電子申告で

今年の確定申告からマイナンバーの記入が必要になりました。せっかくマイナンバーカードを作成していたので、確定申告を今回は電子申告ですべて終わらせることにしました。昨年までもe-TAXで申告書を作成し印刷したものを税務署に提出していたので、今年はそのままオンラインで電子申告するだけです。

e-TAXでは、オンラインですべて済ませる電子申告と申告書の作成だけオンラインでやって提出は印刷したものを税務署に提出する方法ができます。

オンラインでの作成も、項目ごとに入力したり申告書書面イメージで入力したり非常にわかりやすくなっています。

年金暮らしの場合の収入は、各種年金、公的年金や個人年金は雑収入でシルバーの配当金も雑収入です。パートやアルバイトは給与所得、株や投資信託の配当は配当収入、これぐらいです。

費用は、生命保険、地震保険、健康保険等、あとは医療控除の領収書などです。

ほとんどの場合年金から引かれた所得税を還付してもらえます。

受付されたか不安も残りますが、受信記録(受付記録)も残るので安心です。ただし源泉徴収票や保険控除の証明書、医療費控除の領収書など自宅で保管しておかないといけないのが億劫です。間違って捨てないようにしないと。

電子申告に使うマイナンバーカードはパソコンのICカードリーダで読み込ませます。最近のノートPCにはFeliCaなどの非接触型カードリーダが内蔵されているものもあります。以下の写真が私が使用中の富士通のノートPCです。

FUJITSU LIFEBOOK WA2/M

最近はオンラインショッピングでも電子マネーの読み込みやクレジットなどもFeliCa等対応も出てきています。

FeliCaリーダ部分にマイナンバーカードを置いたところです。

非接触型カードリーダ
FeliCa

電子申告を無事送信すると以下のような受付記録がメッセージボックスに届きます。

受付結果

あとは還付金が振り込まれるのを待つだけです。

確定申告の準備はじめる

先週の火曜日から風邪気味で熱は上がらないが鼻水と詰まり、時々咳

散歩も出ずに家で静養中

やっと年金関係の源泉徴収票も届いたで確定申告の準備をしました。

収入は、厚生年金と企業年金基金、共済年金の三種、配当所得はわずかな株式配当、残念ながら投資信託はマイナスでした。

控除は、国民健康保険、医療費控除、新旧生命保険、わずかだけど地震保険

一番大変なのは医療費の集計です。

医療費の領収書を本人と妻の分を分け、今度はそれぞれに病院ごと薬局ごとに分類して集計

今回は国税庁のHPから医療費集計フォームをダウンロードして入力しました。妻の整形の通院費が山ほどあり、手作業は大変です。

結局で2人で102件の入力でした。金額は8万円強

よく10万を超えた分が控除できる言われますが、それは年収が200円以上の場合です。200万円以下の場合は、そん5%を超えた分が共助対象です。私の収入は少ないので課税標準が200万円以下ですので8万円でも充分返ってきます。

厚生年金は、少なくても所得税が差し引かれてます。株式の取引では配当などで所得税と住民税が引かれています。確定申告するとこの支払った税金が還付されます。

対処後3年毎年還付されます。

年金だけの収入で400万以下は確定申告不要といってあすが、これは国が還付させない策略です((笑))

生命保険に入っていたり、県民共済などの保険でも同じです。医療費が課税所得の5%を超えてれば支払った税金を返してもらえます。

ただし、年金収入が非課税の場合は、確定申告してもそもそもけしてもらう税金が無いのですから意味ないですね

今年から確定申告には、マイナンバーが必要になります。申告書に、マイナンバーカードのコピーを添付するか、マイナンバー通知書のコピーの添付が必要になりました。

 

 

年末になると、やる事がある 定年後2年

喪中のはがきが届いた、知人は皆そのような年代である。

年金基金から扶養控除の調査票が来た、これも大事である毎回の源泉税を返してもらわ無いといけ無い。

保険会社から控除証明が届く。

現役時代なら年末調整の準備だが、定年後は確定申告の準備である。

少ない年金でしっかり控除を申請しないとバカ高い国民健康保険や何もお世話になら無いのに高い住民税を取られる、これらを可能な限り抑えるためにしっかりと準備と情報を集めないといけない。

確定申告の期限は3月15日、申告は2月からできるのでまだまだ先だが、リタイヤ族には時間だけはたっぷりとある。

シルバーの収入は雑所得で非課税範囲、年金の源泉分の課税だけである。

これを返してもらう事に全精力を向けるのです。

今日は久しぶりに午前中にアクアジムに行ってきた、久しぶりに会った顔見知りが辞めたのかとか入院したとか勝手な噂をしてました。

結構怖い高齢者コミニティーです。

やっとわが町の郵便局に舞ナンバーが届いたようです。配達はいつかな

確定申告終了

灘税務署
灘税務署

本日から確定申告の受付が開始しました。

そうそう事前に確定申告作成コーナで作成していた申告書をもって灘税務署に行ってきました。

税務署の入り口を入ると受付がありそこに提出、控えに受付印をもらって帰ってきました。税務署での滞在時間は30秒程度でした。

昨年の所得は20万円未満、源泉徴収されたわずかなお金を返していただきます。

公的年金が支払われるのは今年からなので昨年は実質無収入でした。

シルバーの配当金がありましたが雑所得の必要経費控除で所得0、個人年金も掛け金との関係で課税所得に届かず。払った税金が株の売買で発生した源泉徴収税があり返していただきます。

この申告を元に、今年の市民税と国民健康保険の額を決めていただきます。

実質課税所得無ですよ!!