あと何年生きるの?

老後破産の心配や年金の事を話していたら、ご高齢の施設利用者の方から問われた、貴方はいったいあと何年生きるつもり?

60歳定年で、再雇用するとか再就職する、年金支給まで5年もある、等心配事や愚痴を聞いていたご老人の問いかけである。

この方聞けば77歳だとか、この方施設に通っているのは、脳梗塞で右半身が不住になりリハビリをしている、歩く事もままならず、歩くのは家の中の移動が限度だ。

出かけるには奥様やお子さんの会夜が必要で、簡単には出かけられない、当然好きなものを食べることさえできないでいる。

今方は、今元気だったら、今やるべきことがあるとも言う

日本の65歳の平気余命は、約19年らしい、ただしこの年まで元気とは限ら無い、それにあくまで日本人の平均である、もっと長生きもいるが、そんなに長くない人も多いのです。

最近では70歳年金支給など恐ろしい話も出ている、70歳なら、余命は14年だ。

14年間の蓄えでよい事になる、多くの部分は年金で賄える、はたして余命のうち何年間が元気でいられるのか?

つまり老後資金は、元気で楽しめる時期の資金であるべきです。

寝たきりや、外出できないくらい足腰がダメになれば、お金がいくらあっても使えない、介護施設の料金や医療費だろう。

本当にあと何年元気でいられるのか?

元気でいられる期間にいくら使えるかが、重要なのだと言う。

どうだろう、元気なうちに老後のためのお金を浸かっては如何ですか?

子供に残す?

孫に残す?

何時残すんですか?

子供に孫に使うなら、今使いう方が、喜ぶ顔が見れますよ、損だ跡残しても喜ぶ顔が見れるわけではない、子供兄弟が揉める姿があるかもしれない

それなら口出しできる今のうちに譲ってはどうですか?

定年後に何がしたいですか、働いていたいのですか、

なんのために働きますか

これからは、自分が楽しむために生きてはどうですか

働くなら無理せずに、楽しめる仕事を

僅かな給与でも貰ったら、押しいものを食べましょう

ちょっと遠くへ出かけてみましょうよ

行ってみたいところは無いのですか?

食べてみたいものはないですか?

経験したいことはないのですか?

自分の葬式代があれば迷惑はかけません、

一体いくつまで生きるつもりですか?

この問いが妙に気にかかりました。

 

定年2年後

早いもので定年退職して丸2年が過ぎた。何が変わったのだろうと考えてみると、特にこれといった事もなく2年が過ぎました。
この2年で一番大きな出来事と言えば、大腸ポリープで入院手術したことでしょうか、任意継続していた協会健保での最後の人間ドックで便に潜血が見つかり大腸カメラを受診したところ、大きなポリープが見つかり今年の3月に入院手術を受けました。
退職当時は、退職金関係、健康保険や企業年金関係等手続きも多々ありそれなりに時間を潰せます。

年末年始は確定申告の準備や申告、失業保険の申請や手当の受け取り等半年間は適度な計画があって月日が過ぎてゆきます。

失業給付が終了すると本当に何も予定が無くなってしまいます。

ここで本気で求職活動を行えばまた違った生活があるのでしょうが、今更がむしゃらに働く気もないとなると、厚生年金の支給もまだの世代では退職金などの食いつぶしで過ごす日がやってきます。

目減りしてゆく蓄えを目にするとやがて旅行も買い物も趣味も意欲が減退し、何もしない日々が増えていきます。

少し出かけるにも交通費がかかります。

半年前の入院手術の費用が40万円、今後大病したら大変です。

TVではリタイヤ後に田舎生活や蕎麦屋をやる民宿やペンション経営、パン屋さんと悠々自適なリタイヤさんを取り上げていますが多くが大企業出身の退職金沢山の方や公務員の非常に恵まれた共済年金の受給者たちです。

多くのロングテールに属するリタイヤ族は、ほとんど何もできないのが現実です。少し出かけるだけでも目減りする蓄えに戦々恐々としています。
現役時代は少ないながらでも毎月決まって給与がありました。
これが無い事の不安さは計り知れません。

2年やっと厚生年金が支給されたときの安堵感はありません、しかしこれだけでは生活は苦しいことには変わりはありません。

蓄えの目減りが少し減った程度で確実に目減りしているのです。目減りとは収入より支出が多いという事ですから 支出を抑えればいいのですが、年金額はそんなに多くはありません。

ご存知のように国民年金の年額は74万円で月額にすると僅か6万程度で多くの人はこれ以下です。この額は40年以上国民年金を払った人です。

厚生年金は現役時代の収入に比例します、大凡現役時代の40%程度と言われます。つまり年収50万円で年額20万ですね月にすると16万です。

月41万の生活が16万になるわけです。

外食もレジャーもすべてできなくなります。

住民税や国民健康保険は有無を言わせず請求されます。

行政とは市民の幸せなど一切考えていません期待など無駄です。

定年前に定年後の生活やライフプランに関する情報を集めたりライフプランセミナーなども参加した。

しかし数年後実際に定年を迎え退職後の様々なイベントが終了すると、定年前に考えたり学んだことがあまりにも現実から遠い存在だと思い始めました。

ライフプランナーが退職時の蓄えを3000万円
夫婦2人の「最低限必要な生活費※」の平均は約22万円でした。
「ゆとりある老後※」の場合だと、毎月36万6,000円だそうです。

このゆとりある生活が曲者で、国内旅行とか子供の結婚とか孫の祝いとか様々な費用が計上されています。

では、最低限の必要な生活費が現実的なものかと言えばこれも結構ゆとり見積もりです。

生命保険や傷害保険、携帯電話にそのオプション、インターネット、自家用車、スポーツジムの会費等すべてなくすとどうなりますか?

生命保険の見直し積立から掛け捨てへ、最低限の補償へ生命保険より医療保険へ切り替え、電話は固定か携帯かスマホからかガラケ、またはスマホだけへ、自動車は持たずレンタカーかシェアーへ、スポーツジムはやめる、インターネットはやめるスマホで、

生命保険→掛け捨ての医療保険
固定電話ー廃止
インターネット→スマホ
自動車→廃止
スポーツジムなど会費の必要なサービス→退会
パソコン→中古
食事→朝食・昼食を質素に
娯楽→TV・地元歩き


にほんブログ村

もうすぐ 定年後2年

2年前の今頃は最後の期末追い込みで殺伐としてました。定年退職が決まっていたので今一つ気持ちが乗っていませんでしたね。

本当は11月末ですが、有給消化で9月いっぱいで終わりにしてました。職場の関係の交流は退職の年の年末でしたね。この年の初夏に父を亡くし翌年に母を亡くした為年賀のあいさつもできず2年連続欠礼したため年賀状がほとんどなくなりました。

退職直後は、様々な手続きで結構時間を潰すことができました。しかし半年ぐらいたってからは無年金もあって暇な日々を過ごしていました。1年たったころシルバー人材センター紹介の仕事をし始めましたが4時間の勤務に片道1時間の時間を費やし休みも一定しない仕事で10か月ほどでやめさせていただきました。

再びプータローになっています。今年の春からはわずかながら厚生年金の支給が始まったのですこし生活が楽になりましたがとても余裕など無く毎月蓄えを取り崩すことになっています。

定期預金では利息も当てにできず投資信託や株を買うも中国のせいで暴落して蓄えがさらに目減りしてしまった。

少しでも戻ったら売り払おうと株価とにらめっこの毎日です。

再雇用が法制化されましたが、こんな理由で再雇用されませんでした。

続きを読む