マネークリップ&カードクリップ

スマホ決済や電子マネーの利用で財布の使い勝手が悪くなってきました。

スマホ決済やポイントカードもポイントアプリに変わって、ポイントカードが財布の肥やしになっています。

手持ちのスマホアプリ対応カード

 

プリペイド

クレジット

クレジットカードもスマホ決済やApple Payだとカード自体を出さない

キャッシュカードもネット銀行ならスマホATM機能があってスマホで現金を引き出せます。(じぶん銀行の場合)

私はじぶん銀行なので、現金が必要なときは、スマホATM機能でセブン銀行で現金を下ろしてます。

給与や年金は別のメインバンクですが、小口用としてネット銀行のじぶん銀行を使ってます。
メインバンクから毎月一定額をじぶん銀行に送金してます。設定はじぶん銀行側で定額自動入金システムを利用、手数料は無料です。

給与→メインバンク→じぶん銀行→スマホATM→現金
となります。

電子マネーのau walletへも一定残高になれば自動チャージ設定で、残高不足も気にせず。

交通費用のSuicaのチャージは、クレジットでチャージ、

ほとんど現金を介さずに、家計を回してます。

そうなると財布は、単なる使わなくなったカードの入れ物です。使う機会もほとんど無く、ポイントスマホアプリ未対応やスマホ決済未対応のお店でしか使わないので持ち歩きするのも邪魔です。

そこで、耳にしたことのある、マネークリップを探してると、まねクリップ単独の商品とカードフィルダーセットの商品がる事に気がつき、レビューやカードの収納枚数を検討しました。マネークリップのお札の挟める枚数はほとんどが10枚となってます。二つ折りと三つ折りがほとんどですが、カードケースセットの大きさでは、三つ折りがはみ出さなくて済みます。三つ折りだとあまり多くの枚数をクリップできません。二つ折りの場合や多くの金額をクリップする場合は、マネークリップ単独をお薦めします。

カードの取り出し状態

ka

お金をクリップした状態 サンマ庵で5枚クリップの様子[zepirion] クレジットカードケース スキミング防止 磁気防止 スライド式 スリム マネークリップ付き アルミニウム スペースグレイ

マネークリップ付 クレジットカードケース カードホルダー 名刺入れ カーボン RFID機能 磁気防止 カード収納 薄型 男女兼用

 

持ち歩くカードは何枚か?絶対に必要なカードは?
  • 仕事で運転するので、免許証
  • もしもの時の健康保険証
  • そして一番使う電子マネー、au wallet

毎日持ち歩くのは、以上に3枚でした

後は小銭 数百円程度

後は、全てスマホで可能

 

 

 

7pay問題でスマホ決済見直し、PayPayもあったし

今回よく利用するセブンイレブンのスマホ決済の7payで、不正利用事件があった、その対応の幼稚さに愕然となって、慌ててダウンロードして未設定ではあったが、7payアプリを速攻で削除した。

セブンのトップが、セキュリティに関して幼稚すぎることに驚いた。

自分の利益の為に顧客の情報の安全を軽んじている実態が鮮明になった。

幼稚な個人情報に対する安全知識・認識では、自社の利益の為に目的外利用しないとは言えないし信じられない。

セブン本部のオーナへの24時間営業パワハラ問題もあったが、今回は利用者への問題だ、不正が発覚して直ぐに登録ができなくした、すでにチャージしてる場合は利用可能なままで不正なIDでの利用が可能な状態だ。

本来ならアプリの利用を中止すべき事案である。

この安全意識とリスク管理対応には、企業としての不振につながった。

他のカードでのセブンでの利用には問題ないと思うが、なににしろあのような経営者が運営する企業店舗である。

セブンでは、スマホ決済や、電子マネーの利用は極力避けるようにしたい。

同じ時期にかスマホ決済を開始したファミPayは問題なくスタートした。

これは大きな差である。

QRコード決済の利用は、アプリによって利用できる店舗に違いがあるために、複数のQR決済アプリを利用する人が多いだろう。

applepay、googlePay、楽天ペイ、LINEペイ、Quickペイ、ペイペイ、auペイ、まだまだたくさんある。

そこで自分の利用している生活圏にあるコンビニや家電店、飲食店を上げて、それぞれどこのQR決済が使えるか、使えなくてもクレジットや電子マネーで利用できるのであれば、新たなQRコード決済は利用しないことにした。

ファミリーマート、ローソン、セブンも以前からQuickPayが使えたので、専用のQRコード決済は利用しないことに、キャンペーンのポイントが使えない問題はあるが、それほど購入予定もプレゼントも是非と言うほど魅力は無い、他のスマホ決済で引き落としクレジットカードやチャージ用クレジットの利用ポイントは付くのであるから損をする訳では無い。

したがって、交通系、通信系、ネット通販系の三種類にして他は解約した。

登録は直ぐに可能なので、現金が無くカードも使えず未登録のQRコード決済しか使えない場合に、どうしても必要ならその場で登録しても良いだろう

その程度で十分である。

自分の個人情報が、知らぬままに横流しされてはたまりません。

 

電子マネー生活も順調・関西でSuica

1月にIponeXRに変更してからApple Payが使えるようになった。

財布がポケットから鞄の中へ

持っていたau WALLETやクレジットもIponeのau WALLETに登録して会計の時に財布をだしてカードを探す手間も無く、スマホ1台で済ませられます。

通勤のバス代は、ICOCAを使用してましたがネット情報で関西でもSuicaで電車やバスの利用が可能と解り早々、神戸市バス利用を調べたところ、可能な情報が多々あって可能と判明。基本的にICOCAが利用できる交通系カード清算は可能らしいと分かった。

またコンビニなどもICOCA利用可能店舗はSuicaでも利用可能である。

ただSuicaは、JR東日本の発行なので関西では現物のカードは入手は手間である。また500円のデポジットも必要です。そこでモバイルSuicaをダウンロードし新規登録で手数料なし初期チャージ1000円で作成可能です。

現物カードのようにデポジットの500円は不要です。ダウンロード後に新規登録(新規発行)を選択し基本情報を登録すれば完了です。

チャージは、の窓口や券売機、精算機などでは、入金(チャージ)はできません

JR西日本の券売機(六甲道)でチャージ可能でした。ICOCAのほかにもPitapaなども可能なようです。カードだけでなくスマホに直接チャージ可能でした。

差し込み式の券売機ではできませんが、ICリーダがホルダー式の場合は、そこにスマホをセットすればチャージも可能です。

何故ICOCAではダメなのか?

理由はただ一つ、「Apple Pay」がICOCAに対応しないからです。

JR西日本 六甲道駅 券売機 チャージ可能カード
全国相互利用に対応する交通系ICカード(10種類)
IponeXR に直接券売機でチャージ

JR東日本エリア以外の改札機での自動チャージができません。

Suicaで改札をロック解除なしで利用できるエクスプレス機能は便利ですが、なくした時に不正使用されます。オートチャージ(関西では不問)がさらに危険です。必ずクレジットのパスロックやスマホ本体のロックは設定必須です。

これで財布から、クレジットカードや電子マネーカードを出し入れが無くなりました。

ただ、まだ多くのポイントカードがスマホ対応していないので、財布に入ったままです。

Apple PaydeでモバイルSuica利用は関西でも利用可能、チャージはクレジット、アップル、JRの券売機等で出来る。

退会、返金処理もアプリからできます。キャリアを変更時は、変更前に行う事

スマホ対応済みが
T (フマミマ) ポイント、
楽天ポイント、
Joshinポイント、
マツキヨポイント、
ニトリポイント、
Ponta(ローソン)、
オートバックス

スマホアプリが無いか合っても使えないポイントカード
WAON リアルタイム情報ではない、残高が見れない
イエローハット:ポイントカードでも会員証でもない
YAMADA:やたらDM]が増える
EDION:アプリが不安定
TimesClub :カードしか使えない、カーシェリングはアプリ必須


IPone対応 ICカード読み取り装置
パソリ

ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi iPhone等のiOS機器用 RC-S390

UDB接続タイプ

ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380


 

現金いらず

現金いらず.COMというサイトをご存知でしょうか?

このサイトは電子マネーやクレジットなどが使える店や使えない店が調べられるさいとです。

私は家計簿ソフト(Money Forward)を利用していますが、家計簿ソフトの多くは銀行口座やクレジットなどのサイトから取引内容や入出金の内容を自動で読み込みできます。この機能をフルに使えば、給与や年金収入から公共料金の支払い、ETCの支払いやクレジットの支払い明細などすべて自動で家計簿に反映されます。

いちいちクレジット会社のサイトを見なくてもアプリでいつでも最新の利用状況が確認できます。早いものでは当日中、いちおう利用したお店の決済日によりますがクレジットに反映されれば引き落とし前でも反映されます。

現金いらずで家計簿が自動で出来上がります。

ただカードが使えない「くら寿司」や「ダイソー」WAON / 楽天Edy / iD /が使えるがクレジットが使えないマクドナルドなど利用すると現金入力である。

どうも利益至上主義の会社は電子マネーには不向きで旅行者やカード派には不親切である。特に安いわけでもないのにである。

さてクレジットはVISA・JCB・Master(マスターカード)から提携会社を選びますが、電子マネーは、Edy,iD,WONなどが人気ですが人気と使い勝手が同じとならないようです。

人気ランキングには上記カードがでていますが、穴場がau walletなのです。電子マネーとして利用できるところというよりクレジットカードと同じ扱いなのでMaster(マスターカード)が使えるところはすべて使えます。使えないのはMaster(マスターカード)が使えないお店だけです。

ただ電子マネーといっても非接触型カードではなく磁気カードなのでタッチでの使用はできません。